@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

保険者【ほけんしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

保険者
ほけんしゃ
insurer
保険契約当事者として保険事故発生した場合,損害保険においては損害填補生命保険においては約定金額の支払いをすることを引受ける。このおもな義務のほか,保険証券交付義務 (商法 649条1項,683条1項) ,特定の場合における保険料返還義務 (643条,683条1項,655条) ,積立金または解約返戻金の払戻し義務 (683条2項,680条2項) を負い,保険料請求権をもつ (629,673条) 。私営保険の保険者は,株式会社と相互会社に限定されている (保険業法3) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほけん‐しゃ【保険者】
保険契約に基づいて、保険料を徴収し、保険事故の発生の保険金を支払う義務を負う者。⇔被保険者

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集

保険者
保険事故が生じたときに保険金の支払い義務を負うもののことをいいます。一般的には、保険会社がこれにあたります。

出典:自動車保険・医療保険のソニー損保

保険基礎用語集

保険者
保険契約の一方の当事者で、保険事故が発生した場合に、保険金の支払をする義務を負う者のことを指します。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほけんしゃ【保険者 insurer】
保険契約の一方の当事者として,保険事故が発生した場合に保険金の支払をなすべきことを約した者をいう。保険者は保険事業の運営にあたる者であり,狭義には株式会社または相互会社組織の保険会社をさすが,国営保険公営保険の場合は国その他の公法人が保険者となる。保険会社は保険事業の公共性,社会性にかんがみ保険業法による免許監督などの規制を受け,これに違反した場合には罰則適用がある。 商法上,保険者の義務としては保険金支払の義務のほか,保険契約者の請求により保険証券の作成・交付義務,一定の場合に保険料返還の義務がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほけん‐しゃ【保険者】
〘名〙
① 保険契約の当事者の一方で、保険事故が発生した場合に損害の填補または保険金の支払の義務を負う者。〔商法‐明治三二年(1899)〕
② 社会保険で保険を引き受ける者。たとえば、健康保険の場合には政府または健康保険組合。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保険者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation