@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

信楽焼【しがらきやき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

信楽焼
しがらきやき
滋賀県甲賀信楽地方で産する陶器。開奈良時代。甲賀郡雲井村からこの時代のが発見されている。平安時代以降はこのほか,種や酒壺など日常雑器を焼いた。赤褐色焼締った地肌暗緑色灰釉 (かいゆう) がかかった信楽焼の特色は,平安時代末期頃から現れた。室町時代末期,佗茶流行に伴って武野紹鴎茶器として取上げてから注目され,千利休,千宗旦,小堀遠州本阿弥光甫,野々村仁清などが信楽の工人に意匠指導を行い,あるいはその土で各種の茶器を焼いた。信楽の窯は伊賀の丸柱や槇山の窯と近接し,桃山時代以前の作品は両者の区別がむずかしいが,伊賀焼と比べ,形が単純素朴で土のきめがあらく,重量が比較的軽く,灰釉の調子がやや黒ずんでいるなどの特色がある。江戸時代以降現在まで引続いて生産され,現在は火鉢植木鉢などの大型の焼物も生産されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しがらき‐やき【楽焼】
信楽地方から産する陶器。鎌倉初期のころ成立、室町時代に茶の湯勃興(ぼっこう)とともに注目された。現在は雑器から茶器までが作られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しがらきやき【信楽焼】
滋賀県甲賀郡信楽町一帯で作られるやきものの総称。その発生の背景には須恵器(すえき)生産の伝統があるとされている。信楽焼は酸化炎焼成による無釉焼締め陶で,本格的な陶窯は平安末~鎌倉初期ごろから始められたとみられている。しかし鎌倉時代の遺例は少なく,室町以降に属するものが多い。中世の古窯址は信楽川をはさんだ丘陵地にあり,5群70基をこすとみられている。器種は壺,甕(かめ),擂鉢(すりばち)が主流で,素地(きじ)は長石粒や石英粒を多く含んだ山土を用い,明るく赤褐色に焼きあがったものが多く,肩に檜垣(縄目)文を刻んだり,自然釉のかかったものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しがらきやき【信楽焼】
信楽産の陶器。古く奈良時代に渡来人によって始められたといわれるが、室町時代、茶道の流行とともに、日用雑器の類が茶道具としてとりあげられ有名になった。現在は茶器のほか火鉢・植木鉢・タイルなどの雑器が主流となっている。しがらき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

信楽焼
しがらきやき
滋賀県甲賀(こうか)市信楽町を中心として焼かれる陶磁器の総称。甲賀郡には上代の須恵器(すえき)の窯がみつかっているが、これは信楽焼には含まない。須恵器の伝統にのって、鎌倉時代に新しい酸化炎焼成による焼き締め陶に転じた時点をもって信楽焼の成立とする。信楽焼は本来無釉(むゆう)で、純白色に近い良質の胎土を用い、高火度の酸化炎を受けて地肌が赤褐色に焦げ、しかも焼成中に緑色の自然釉がとっぷりと器体にかかって景色をつくる。素地の中に長石の粒子が多く、それが器表に現れているのも特徴である。このような特色を備えた中世の信楽焼が大壺(つぼ)、甕(かめ)、擂鉢(すりばち)を主力製品とするのは、当時の地方窯の一般的なあり方であった。中世信楽焼の窖窯(あながま)形式の古窯址(し)は、南松尾、窯ヶ谷、ズン越、中井出などに散在する。
 室町後期の16世紀中葉から、信楽焼はわび茶をおこした茶人に注目されて茶道具(とくに水指、花入れ、茶碗(ちゃわん)など)を焼造するようになり、室町、桃山、江戸時代の代表的茶人の名を冠して紹鴎(じょうおう)信楽、利休信楽、新兵衛信楽、宗旦(そうたん)信楽、空中(くうちゅう)信楽などに作風が分類されている。茶具窯として大人気を博しながら、江戸中期以降は茶具作りが下火となり、作陶力の低下をきたした信楽焼は、藁灰(わらばい)による白釉、銅呈色の緑釉、鉄呈色の黒褐釉を人工施釉して、全国的に流布した日常雑器や大壺を焼く特色のない一地方窯となってしまった。[矢部良明]
『平野敬三編『日本のやきもの5 信楽』(1976・講談社) ▽平野敬三著『信楽』(1982・技報堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

信楽焼[陶磁]
しがらきやき
近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
滋賀県信楽町産の粘土を主要な原材料として信楽町で生産された陶磁製品。日本六古窯のうちでも最古窯場。奈良時代、聖武天皇紫香楽宮を造営するにあたって、信楽の土を使って瓦や什器を焼いたのが始まりといわれる。特に、室町時代や安土桃山時代には茶道具の生産が盛んとなり、多くの名品が生まれた。1975(昭和50)年9月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2007(平成19)年11月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5087658号。地域団体商標の権利者は、信楽陶器工業協同組合・信楽陶器卸商業協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

信楽焼
(滋賀県甲賀市信楽町一帯)
近江水の宝」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しがらき‐やき【信楽焼】
〘名〙 滋賀県信楽地方で焼かれる陶器。起源は不明。平安末・鎌倉初期には行なわれたようだが、遺物はほとんど室町以降のもの。室町時代、茶の湯の流行とともに信楽の雑器も取り上げられ、茶器・花器なども作るようになった。白い長石粒がまじり、膚が薄柿色に焼き上がった荒い風合いが賞された。近年は、植木鉢、庭園セット、置物などが主。しがらき。〔万宝全書(1694)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

信楽焼
しがらきやき
滋賀県南部,信楽地方で産する陶器
質がで,赤褐色のものが多い。室町時代の茶の湯の流行で,茶道道具を焼くようになった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信楽焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

信楽焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation