@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

信楽【しがらき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

信楽
しがらき
滋賀県南部,甲賀市西部の旧町域。信楽川,大戸川上流域を占め,花崗岩と古琵琶湖層から形成された信楽山地の低い山々に囲まれる(→古琵琶湖層群)。1930年,長野町が町名変更。1954年雲井村,小原村,朝宮村,多羅尾村の 4村と合体。2004年水口町,土山町,甲賀町,甲南町と合体して甲賀市となった。古くから信楽焼産地として知られ,火鉢植木鉢,タイルなどを産出タヌキ焼き物は特に有名。中心地区の長野の近くに古代陶窯跡がある。西部の朝宮一帯は宇治茶の産地。北部の黄瀬に聖武天皇造営の紫香楽宮跡(国指定史跡)がある。飯道神社の本殿は国の重要文化財に指定。一部は三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しがらき【信楽】
滋賀県南部、甲賀(こうか)市の地名。信楽焼の産地。また、高級茶を産する。聖武天皇紫香楽(しがらき)宮跡がある。
信楽焼」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぎょう〔‐ゲウ〕【信楽】
仏語。教えを信じ喜ぶこと。阿弥陀仏本願を信じて疑わないこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぎょう【信楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しがらき【信楽】
◇滋賀県南東部、甲賀市にある町。信楽丘陵の中心に位置する。歌枕 昨日かもあられふりしか-の外山とやまの霞春めきにけり/詞花
「信楽焼」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんぎょう【信楽】
教法を信じ、これに喜び従うこと。浄土真宗では、弥陀の本願を信じる心。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

信楽
しがらき
滋賀県南端、甲賀郡(こうかぐん)にあった旧町名(信楽町(ちょう))。現在は甲賀市の南西部を占める一地区。1930年(昭和5)長野町が信楽町と改称、1954年(昭和29)雲井、小原(おはら)、朝宮(あさみや)、多羅尾(たらお)の4村を合併。2004年(平成16)水口(みなくち)町、土山(つちやま)町、甲賀町、甲南(こうなん)町と合併、市制を施行して甲賀市となる。旧町域は、大戸(だいと)川が南北に貫流する標高約300メートルの内陸盆地で、周囲は高原性の信楽山地(江城高原)である。信楽高原鐵道、国道307号、422号、新名神高速道路が通じる。名称は奈良時代の紫香楽(しがらき)宮と信楽焼に由来する。北東部の宮町から黄瀬(きのせ)、牧にかけては、聖武(しょうむ)天皇の紫香楽宮が造営された地で、国の史跡に指定され、内裏や甲賀寺(甲賀国分寺)などの跡が残る。また、『延喜式(えんぎしき)』の甲賀牧の地で、保良(ほら)寺、仙禅寺、式内社の飯道(いいみち)神社(本殿は国の重要文化財)などもある。多羅尾は旗本多羅尾氏の陣屋が置かれた地。鎌倉時代に始まる信楽陶業の中心は長野地区で、県立陶芸の森の中に信楽産業展示館、陶芸の森陶芸館などがつくられている。西部の朝宮地区は玉露など高級茶の産地として知られる。[高橋誠一]
『『信楽町史』(1957・信楽町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しがらき【信楽】
[1] 滋賀県甲賀市の西南部の地名。上代、聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を造営。信楽焼の産地として名高く、茶の産地としても知られている。
[2] 〘名〙
※宗達茶湯日記(自会記)‐弘治二年(1556)一二月二八日「水指 しからき」
※咄本・近目貫(1773)龍宮「此お茶は、しがらきも及びませぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぎょう ‥ゲウ【信楽】
〘名〙 (「楽」は願い求める意) 仏語。教法を信じそれを喜び、往生を願うこと。浄土門では、信心の意に解し、彌陀の本願の名号を信ずることとする。
※浄業和讚(995‐1335)上「この法信楽(しんげう)するものは ながく三途の苦をはなる」 〔無量寿経‐上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

信楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation