@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

信用割当て【しんようわりあて】

世界大百科事典 第2版

しんようわりあて【信用割当て credit rationing】
ある資金の市場において,借手はできるだけ低い金利(利子率)で資金を調達しようとし,貸手は高い金利で資産を運用しようとする。金利が均衡水準より低いときは貸手の資金供給より借手の資金需要のほうが大きく,市場において金利は上昇する。逆の場合は金利が低下する。それゆえ金利が伸縮的であれば,均衡水準すなわち貸手の資金供給曲線と借手の資金需要曲線の交わる点で,資金の需給は一致することになる。しかし,なんらかの理由で金利が十分伸縮的でなく,資金需要が資金供給より大きくても利子率上昇が生じないとすると,その資金市場では超過需要(資金需要-資金供給)を残したままで均衡し,限られた量の資金(供給)が一部または全部の資金需要者に割り当てられることになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

信用割当て」の用語解説はコトバンクが提供しています。

信用割当ての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation