@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

信貴山縁起絵巻【しぎさんえんぎえまき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

信貴山縁起絵巻
しぎさんえんぎえまき
信貴山を再興した修行僧命蓮 (みょうれん) にまつわる説話絵巻としたもの。 12世紀後半の作。紙本着色,3巻。国宝朝護孫子寺蔵。物語は 12世紀の『古本説話集』や 13世紀の『宇治拾遺物語』にも収められている説話。現存の絵巻は,命蓮の鉄鉢長者の米を信貴山頂に運ぶ「飛倉の巻」,命蓮が剣の護法という童子を飛ばして,信貴山にいながらはるか都の帝の病を癒やす「延喜加持の巻」,弟の命蓮をたずねて旅をする尼公 (あまぎみ) が,東大寺大仏の夢のお告げにより命蓮と再会する「尼公の巻」の3巻から成る。人物の表情や動作をいきいきと描き,効果的な彩色法や,連続する画面に物語の時間的,空間的推移を巧みに表現する構図法とも相まって,説話絵巻の最高傑作の一つ。『源氏物語絵巻』とともに平安時代のやまと絵を代表する作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しぎさんえんぎ‐えまき〔‐ヱまき〕【信貴山縁起絵巻】
奈良県朝護孫子寺所蔵の3巻の絵巻。平安後期の作。信貴山毘沙門天をまつった命蓮(みょうれん)にまつわる説話を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

信貴山縁起絵巻
平安時代後期の絵巻。作者不詳。信貴山に毘沙門天を祭り、中興として知られる僧、命蓮の霊験を三巻の絵巻物として描いたもの。国宝。奈良、朝護孫子寺所蔵。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぎさんえんぎえまき【信貴山縁起絵巻】
10世紀の初めころ,大和と河内の境をなす信貴山にこもって,毘沙門天をまつりその功徳によりさまざまな奇跡を行った修行僧命蓮(みようれん)を主人公とする三つの物語を3巻に描いた絵巻。平安時代末の12世紀後半に制作され,信貴山の朝護孫子寺に伝わる。第1巻は絵1段で詞書はない。命蓮の飛ばした不思議な鉄鉢が,あるとき山麓の長者の倉を持ち上げ信貴山上まで運んでしまうが,追いかけてきた長者の懇願を入れて命蓮がふたたび法力を使うと,倉の中の米俵が列をなして空を飛び,長者のに戻ったという話で,〈飛倉の巻〉あるいは〈山崎長者の巻〉と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

信貴山縁起絵巻
しぎさんえんぎえまき
平安後期の絵巻物
3巻。信貴山に毘沙門天を祭った僧命蓮 (みようれん) に関する奇跡談を描いたもの。大和絵の流暢な筆致と躍動的な人物表現の巧妙さは絵巻物の傑作とされている。鳥羽僧正画ともいわれるが不詳。奈良県生駒郡の信貴山朝護孫子寺蔵。国宝。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信貴山縁起絵巻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

信貴山縁起絵巻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation