@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

修学【シュウガク】

デジタル大辞泉

しゅう‐がく〔シウ‐〕【修学】
[名](スル)学問をおさめること。学んで知識を得ること。しゅがく。「子弟を英国で修学させる」「修学資金」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐がく【修学】
しゅうがく(修学)」に同じ。
世渡りの工夫・才覚。
「ゆづり銀三百貫目ありしを、―あしく次第に減りて」〈浮・懐硯・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうがく【修学】
スル
学問や知識を学びおさめること。しゅがく。 大学に-する折も、学問は大嫌で/小公子 賤子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅがく【修学】
しゅは呉音
しゅうがく(修学)に同じ。
工夫。才覚。 ゆづり銀三百貫目ありしを-あしく次第にへりて/浮世草子・懐硯 5

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐がく シウ‥【修学】
〘名〙 学校に入って学問すること。しゅがく。
※文部省布達第五十一号‐明治六年(1873)四月一七日「大中小学に拘らず其修学の年間と進級の次第と比較して学術非凡優等なるもの」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「ある大学の門に入りて、脩学(シウガク)おこたりなかりけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐がく【修学】
〘名〙 (「しゅ」は「修」の呉音)
※廬山寺文書‐天祿三年(972)五月三日・天台座主良源遺告「諸同法宜知之時々相問寒温尤佳之、明豪頗有修学之志」
② 処世のための工夫・才覚。
※浮世草子・懐硯(1687)五「我はじめは身体(しんだい)人にまけず、ゆづり銀三百貫目ありしを、修学(シュガク)あしく次第にへりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

修学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation