@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

修飾【シュウショク】

デジタル大辞泉

しゅう‐しょく〔シウ‐〕【修飾】
[名](スル)
美しく飾ること。よく見せるために上辺を飾ること。「過大に修飾して話す」
文法で、ある語句が他の語句の意味を限定したり詳しくしたりすること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

修飾
 生体分子誘導体にすることをはじめ,多くの使い方がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうしょく【修飾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうしょく【修飾】
スル
飾り立てること。実質以上につくろい、整えること。 話に-が多い
文法で、ある語句が他の語句にかかって、その意味をくわしくしたり限定したりすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐しょく シウ‥【修飾】
〘名〙
① 美しくかざること。欠点を隠そうとして、また、実質以上に見せようとして、つくろいかざること。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)一二月九日「即加修餝于当寺之額
※古今著聞集(1254)七「美福門の額の字を修飾すべきよし、宣旨をかうぶりける時は」 〔論語‐憲問〕
② 文法で、体言・用言に対して、その性質、状態、数量、程度などを限定するために他の語を添えること。日本語では、修飾する語は修飾される体言、用言に先立つ。→修飾語
※広日本文典(1897)〈大槻文彦〉二六八「副詞は、動詞に副ひ、或は、形容詞、又は、他の副詞にも副ひて、其意味を種々に修飾する語なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修飾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

修飾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation