@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

修験道【しゅげんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

修験道
しゅげんどう
日本の山岳信仰,特定の山岳での修行により超自然的能力を習得し呪術などの宗教活動を行う山伏の宗教。役小角開祖とする。山岳信仰と密教の呪験練行とが習合したものである。行者は,山伏,修験者,客僧と称される。霊場は,初め大和国の葛城山を中心としたが,出羽の羽黒山,月山,湯殿山,大和の金峯山,大峰紀伊の熊野山,伊予の石槌山,摂津の箕面山,豊後の彦山加賀白山信濃の戸隠山などが有名である。 1872年に修験道を廃して,天台,真言の2宗に分属させたが,第2次世界大戦後,「宗教法人法」の発布により一派をなすものが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

修験道
密教や神道古来の山岳信仰などが融合して形成された日本仏教の一つ。求菩提山中世以降に発展し、英彦山に連なる霊山として最盛期には500もの宿坊があったと伝えられるが、明治維新の廃仏毀釈(きしゃく)で廃れた。千日回峰行では未明山中仏像社寺を巡拝して歩き、千枚の護摩木をたく「護摩曲く)」を千日間続ける。
(2007-01-21 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

しゅげん‐どう〔‐ダウ〕【修験道】
日本古来の山岳信仰と、仏教の密教道教などが結びついて平安末期に成立した宗教。役(えん)の行者(ぎょうじゃ)初祖とする。霊験を得るための山中の修行と加持・祈祷(きとう)・呪術儀礼とする。室町期には、真言系の三宝院流(当山派)と天台系の聖護院流(本山派)の二派に分かれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅげんどう【修験道】
修験道は,日本古来の山岳信仰外来の密教,道教,儒教などの影響のもとに,平安時代末に至って一つの宗教体系を作りあげたものである。このように修験道は特定教祖の教説にもとづく創唱宗教とは違って,山岳修行による超自然力の獲得と,その力を用いて呪術宗教的な活動を行うことをとする,実践的な儀礼中心の宗教である。
[歴史]
 日本では古来山岳は神霊のいる他界としてあがめられてきた。しかし奈良時代になると外来の仏教や道教の影響をうけた宗教者たちが山岳で修行したうえで,陀羅尼だらに)や経文を唱えて呪術宗教的な活動に従事するようになっていった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅげんどう【修験道】
山林に修行し、密教的な儀礼を行い、霊験を感得しようとする宗教。開祖は役小角えんのおづのとされる。山岳信仰に神道・密教・陰陽道おんようどうなどの諸要素が混成したもの。中世には聖宝を中興と仰ぎ、醍醐寺三宝院を本拠とする真言系の当山派と、増誉を中興と仰ぎ、聖護院を本山とする天台系の本山派が興った。修験宗。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

修験道
しゅげんどう
日本古来の山岳信仰が、外来の密教、道教、シャーマニズムなどの影響のもとに平安時代末に至って一つの宗教体系をつくりあげたものである。このように修験道は特定教祖の教説に基づく創唱宗教とは違って、山岳修行による超自然力の獲得と、その力を用いて呪術(じゅじゅつ)宗教的な活動を行うことを旨とする実践的な儀礼中心の宗教である。
 修験道の淵源(えんげん)は、奈良時代に仏教や道教の影響を受けて、山岳に入って修行し、陀羅尼(だらに)や経文の一部を唱えて呪術宗教的な活動を行った在俗の宗教者に求めることができる。のちに修験道の開祖に仮託された役小角(えんのおづぬ)もこうした宗教者の一人である。平安時代になると山岳仏教の隆盛とも相まって、天台・真言の密教僧のうち加持祈祷(かじきとう)の能力に秀でた者は、験を修めた者――修験者――とよばれた。また山伏ともよばれた。中央の修験者は熊野(くまの)や吉野(よしの)の金峰山(きんぶせん)を拠点として、ここから大峰山(おおみねさん)に入って修行した。
 中世期になると、このうち熊野の修験者は天台宗寺門派の聖護院(しょうごいん)を本山にいただいて本山派とよばれる宗派を形成した。また金峰山を拠点として大和(やまと)(奈良県)の諸社寺に依拠した回国修験者は、中世末には真言宗の醍醐(だいご)三宝院の後ろ盾のもとに当山(とうざん)派とよばれる宗派を形成した。このほか、羽黒山(はぐろさん)、英彦山(ひこさん)など諸国の山岳にもそれぞれ独立の宗派が形成された。これらの宗派は、それぞれ峰入(みねいり)を中心とした儀礼や、その意味づけとしての教義や独自の組織をつくりあげて、宗教面のみならず政治的にも軍事的にも大きな力をもっていた。しかしながら近世以降、修験者は地域社会に定着し、庶民の現世利益(げんぜりやく)的な希求にこたえて、加持祈祷、呪法、符呪などの呪術宗教的な活動に従事した。近代初頭、修験道は明治政府の修験道廃止令によって廃止され、修験者は天台・真言両宗に包摂された。しかしながら第二次世界大戦後相次いで独立し、現在は本山修験宗(総本山聖護院)、金峯山(きんぷせん)修験本宗(総本山金峯山寺)、真言宗醍醐派(総本山三宝院)、修験道(総本山五流尊滝院(そんりゅういん))などの教団を中心に活発な活動を行っている。[宮家 準]
『宮家準著『修験道――山伏の歴史と思想』(1978・教育社) ▽和歌森太郎著『修験道史研究』(1972・平凡社) ▽五来重著『修験道入門』(1980・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅげん‐どう ‥ダウ【修験道】
〘名〙 仏語。役小角(えんのおづの)を開祖とし、山林抖擻(とそう)を修行の要諦とする仏教の一派。護摩を焚き呪文を誦し祈祷を行ない、山中に入って難行・苦行を嘗(な)めて、霊験を修得することを業とする。その法は密教に基づき、神仏いずれにも仕えるが、天台では円珍およびその徒によって、真言では聖宝およびその徒がこの道をうけつぎ、前者により本山派修験(天台山伏)が、後者により当山派修験(真言山伏)が開かれた。前者は聖護院を本所として熊野三山を修行の場とし、後者は三宝院を本所として、大峰修行を行なった。両部。修験宗。修験の道。
※御当家令条‐八・当山三宝院御門主へ御判物両通・慶長一四年(1609)五月朔日「修験道之事、可往古之法度
[語誌](1)山岳を霊地として崇拝する信仰に、主に密教の思想が習合して平安中期ごろにできたものと考えられる。畿内では葛城・吉野・熊野等の山岳、また、それ以外の地域でも、羽黒山、白山、彦山等が拠点として古くから知られていた。
(2)中世に最盛期を迎えたが、江戸時代に入って、幕府は、各地を遊行することの多かった修験者を本山・当山いずれかの派に所属させ地域に定住させ修験道を統制しようとした。また、江戸中期には、庶民の中にも山岳信仰が広まり、富士講、木曾御嶽講等など各地の修験者を先達とする講が盛んになった。
(3)明治五年(一八七二)の廃止によって本山・当山両派はそれぞれ天台宗と真言宗に所属させられたが、同一八年に再興し、第二次大戦後には、各種の修験教団の独立が相次いだ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

修験道
しゅげんどう
日本古来の山岳信仰と平安時代の密教が習合して成立した呪術的宗教
奈良時代の役小角 (えんのおづぬ) (役行者 (えんのぎようじや) )を祖とする。修行者を山伏といい,大和の大峰山 (おおみねさん) ・金峰山 (きんぷせん) ,紀伊の熊野三山などが修行地として著名

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修験道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

修験道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation