@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

個人年金【こじんねんきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

個人年金
こじんねんきん
老後の保障を目的とした私的年金。長期にわたって資産を運用し,その資産を一定期間あるいは終身にわたって年金方式で受け取る。貯蓄型個人年金と保険型個人年金に大別される。貯蓄型は加入者の掛け金を運用し,利息や配当金を年金にする保険で,元本温存型と元本取り崩し型がある。銀行信託銀行証券会社などが扱っている。保険型は,保険料と配当金を原資として年金を支給する。基本的に一生涯支給される終身年金と一定期間だけ受け取れる確定年金があり,ほかの医療保障保険などを特約で組み合わせることができる。ただし種類により,早期に死亡した場合,払い込み保険料より少ない年金しか受け取れないことがある。生命保険会社,損害保険会社などが扱っている。貯蓄型,保険型とも毎年の受け取り額が加入時から定まっている定額型と毎年か数年ごとに一定の割合で増加する逓増型がある。年金保険料の支払い方法は積立型と一括払込型がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こじん‐ねんきん【個人年金】
公的年金企業年金とは別に、個人が生命保険会社・信託銀行などと任意に契約する、商品としての年金。個人年金保険
[補説]個人年金は私的年金の一つで、公的年金の不足分を補うために個人が任意で加入する。貯蓄型と保険型に大別される。貯蓄型の個人年金は、預け入れた元本利息を原資として、10年・15年などの一定期間、年金として支払いを受けるもので、元本を据え置くタイプと取り崩すタイプがあり、主として銀行信託銀行証券会社などで取り扱っている。保険型の個人年金は、主として生命保険会社・損害保険会社・ゆうちょ銀行JA全労済などが取り扱い、定額年金保険変額年金保険に大別される。年金の受取り方法によって、終身年金保証期間付終身年金夫婦年金確定年金有期年金保証期間付有期年金などに分類される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集

個人年金
個人が生命保険会社や銀行、郵便局などの金融機関と契約して掛金を積立て、その積立金と利息を年金のかたちで受取るものを指します。保険型と貯蓄型の2つのタイプがあります。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こじんねんきん【個人年金】
あらかじめ定められた期間まで保険料を払い込み,以後一定期間または終身にわたって年金が支払われる保険で,被保険者の老後の保障を目的としている。年金額の支払われ方には定額型,逓増型の2種類があり,このほかにも配当支払方法や保険料払込方法を含めると,さまざまなタイプの個人年金が生命保険会社から販売されている。このなかには,本人が生きている限り年金が支払われる一方で,一定の保証期間が決められていて,この期間中は生死にかかわりなく年金が受け取れる方式や,医療保障とのセットで総合的な老後保障を図ったもの,あるいは保険料払込期間中は大型の死亡保障を組み合わせたもの等,さまざまなくふうが行われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こじんねんきん【個人年金】
生命保険会社や金融機関と個人が契約する年金支払い型の保険や信託。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

個人年金
こじんねんきん
生命保険会社や金融機関に資金を払い込み、元本と利子を資金として一定の年齢に達した後、年金ので受け取るもの。いわば自力で年金を積み立てるもので、貯蓄型や保険型、勤労者財形年金などがある。貯蓄型は一定期間だけ年金を受け取るよう仕組まれ、元利合計額と受け取り額が等しくなるように設計される。銀行、証券会社のものがこのタイプ。都市銀行の個人年金預金は一定額を10年以上積み立て、満期後に年金の形で元利払いをうける方式である。保険型は終身支払いのものが多く、長生きするほど受け取り総額は多くなる。財形年金は元本550万円までの利息は非課税となっている。[高三啓輔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こじん‐ねんきん【個人年金】
〘名〙 政府の行なう公的年金や企業が従業員のために行なう企業年金に対し、個人が生命保険会社、銀行、信託銀行、証券会社、郵便局などと契約して行なう年金。個人が資金を一定期間積み立てたあと、契約の内容に応じて年金の形で受け取るもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

個人年金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

個人年金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation