@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

個性【コセイ】

デジタル大辞泉

こ‐せい【個性】
個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質。個人性パーソナリティー。「個性の尊重」「仕事に個性を生かす」「個性が強い打撃フォーム」
[補説] 
2016年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーンでの「個性」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆打たれることを恐れずに出す杭のこと。
きむきむさん

◆あなたがあなたである証拠。
はりりさん

◆私は私だ、という自信の源。
チハルさん

◆案外、本人よりも他人の方が、良く知っているもの。
一二三茶さん

◆他者からは指摘ができるが、自覚が難しい特性。
gensekiさん

◆強すぎても弱すぎても生きづらいもの。
Sakuraさん

◆絵の具と同じで、いろいろなものが混ざり合って出来上がる、同じ色は作れない自分だけのもの。
ヒロリンさん

◆相手や物をどのように褒めて良いかわからないときに使用する語。「―的な味ですね」
川猫さん

◆ひとりひとり違う正解があるということ。認めなければわからないもの。
ひっちゃんさん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こせい【個性】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こせい【個性】
ある個人を特徴づけている性質・性格。その人固有の特性。パーソナリティー。 強烈な-をもった作品 -を発揮する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

個性
こせい
individuality英語
Individualittドイツ語
individualitフランス語
個性とは、それ以上に分割されることのできない、あるまとまりをもった全体であり、ある個体に備わる独自の本性である。と同時に、それによって、ある個体が他の個体からはっきりと区別されるようなものである。人間に関していわれる場合、個性と人格という二つのことばはほとんど同義に用いられる。しかし、人格は他の個人から区別される、その人固有の本性に関していわれる場合もあれば、各個人に共通な構造に着目していわれる場合もある。これに反し、個性というのはあくまで、その人をその人たらしめる独自の本性である。[伊藤勝彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐せい【個性】
〘名〙 個々の人または個々の事物に備わっていて、他から区別させている固有の性質。パーソナリティー。個人性。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「先生は到底融化し難い個性を備へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

個性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

個性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation