@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

倒伏細菌病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑

倒伏細菌病(トウモロコシ)
多発すると被害の大きい細菌病。一時山梨、静岡等で発生し問題になった。梅雨期から初夏にかけて最も激しく発病し、初め葉身で水浸状の病斑を生じるが、徐々に内部が軟化腐敗し、ついには子実、稈のが中心部から腐敗する。稈では害虫食痕などから感染し、発病部の髄から褐色に腐敗し倒伏する。発病株からの菌泥が風雨により運ばれて伝染する。病原として2種の細菌が関与する。

出典:畜産草地研究所

倒伏細菌病(トウモロコシ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倒伏細菌病(トウモロコシ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation