@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

倒幕運動【とうばくうんどう】

世界大百科事典 第2版

とうばくうんどう【倒幕運動】
幕末期に起こった徳川幕府打倒のための政治運動。狭義には武力倒幕(討幕とも書く)を指すが,広義には〈大政奉還〉による軍事衝突を回避した政権移譲の政治工作を含めていう。一般に尊王攘夷運動公武合体論が主として文久・元治年間(1861‐65)に展開したのに対し,倒幕運動は慶応年間(1865‐68)が中心で,戊辰戦争(1868‐69)へと連なった。 1863年(文久3)8月の天誅組挙兵や同年10月の生野の変などは,いずれも討幕挙兵の先駆とされているが,ともに失敗におわった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

倒幕運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倒幕運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation