@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

候ふ【サブラウ】

デジタル大辞泉

さぶら・う〔さぶらふ〕【候ふ/侍ふ】
[動ハ四]《「さもらう」の音変化》
身分の高い人や敬うべき人のそばに控える。お仕えする。また、宮中など尊い場所にいる。伺候する。
「女御更衣あまた―・ひ給ひける中に」〈・桐壺〉
貴人のそばにうかがう。参上する。
「今日明日すぐして―・ふべし」〈・夢浮橋〉
品物などが貴人のもとにある。お手もとに存在する。
「御前に―・ふものは、御琴も御笛も、みなめづらしき名つきてぞある」〈・九三〉
対話や消息に用い、聞き手に対して自己の存在する意をへりくだり、また、言い方を丁重にする語。「ある」「いる」の意の丁寧語。あります。ございます。おります。
「いかなる所にか、この木は―・ひけむ」〈竹取
(補助動詞)
㋐形容詞の連用形や断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付く。補助動詞「ある」の意の丁寧語。…でございます。
「あさましく―・ひしことは」〈大鏡・花山院〉
㋑動詞の連用形に付いて、その動作を丁寧に表現する。…ます。
「からい目を見―・ひて」〈・三一四〉
[補説]丁寧語「さぶらふ」は平安中期ではまだ使用例が少なく、通常は「はべり」が用いられたが、平安後期からその使用が増して「はべり」と交替してゆく。中世になると、「さぶらふ」は「さうらふ」に変化するが、平家物語などでは女性語として用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さむら・う〔さむらふ〕【候ふ/侍ふ】
[動ハ四]《「さぶらう」の音変化》「そうろう」にあたる、中世の女性語。多く補助動詞として用いる。…でございます。
「小野の小町が成れる果てにて―・ふなり」〈謡・卒都婆小町

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐もら・う〔‐もらふ〕【候ふ/侍ふ】
[動ハ四]《「」は接頭語。「もらふ」は動詞「も(守)る」の未然形「もら」に上代の反復継続の助動詞」の付いたもの》
ようすを見守り、よい機会をうかがい待つ。よい風向きや潮時、また逢瀬などのくるのを待つ。
「夕潮に船を浮け据ゑ朝凪(なぎ)に舳(へ)向け漕がむと―・ふとわが居(を)る時に」〈・四三九八〉
主君や貴人のそばに仕えて命令を待つ。伺候する。→候(さぶら)う
「鶉(うづら)なすい這(は)ひもとほり―・へど―・ひ得(え)ねば」〈・一九九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうろ・う〔さうらふ〕【候ふ】
[動ハ四]《「さぶらう」の音変化》
身分の高い人のそばに控える。伺候する。
「鈴の綱のへんに、布衣(ほうい)の者の―・ふは何者ぞ」〈平家・一〉
ある」「いる」の丁寧語。
㋐対話や消息に用い、聞き手に対し、言葉遣いを丁重・丁寧に表現する。ございます。あります。
「これなる磯(いそ)べに様(やう)ありげなる松の―・ふ」〈謡・松風
㋑自己の存在をいう場合に、へりくだる気持ちをこめたり、重々しく表そうとする気持ちを含めたりする。おります。
「いろをし、ここに―・ふ」〈徒然・一一五〉
(補助動詞)
㋐形容詞の連用形や断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付く。「…である」の意の丁寧語。後世は候文として、重々しく表現する消息文などに多く用いられた。…でございます。
「何事にて―・ふぞ」〈謡・松風
㋑他の動詞の連用形に付いて、その動作を丁寧に、また、重々しく表現する。これも候文に多用された。…ます。
「国へ帰りて早一月にも相成り―・う」〈藤村
「聞こえ―・ふ名馬を見―・はばや」〈平家・四〉
[補説](1) 現代でも、時に候文の重々しい口調を利用して、冷やかすような表現として用いることがある。「若い者は、仕事は楽なほうがいいの、転勤はいやでそうろうのと、勝手なことばかり言う」などはこの例。(2) 鎌倉初期ごろ「さぶらふ」から変化したが、平家物語では男性が「さうらふ」を、女性は「さぶらふ」を用いている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞうろ・う〔ざうらふ〕【候ふ】
[連語]《断定の助動詞「なり」の連用形に、補助動詞「そうろう」の付いた「にそうろう」の音変化》…であります。…でございます。
「身をまったうして敵を滅ぼすをもって、よき大将軍とはする―・ふ」〈平家・一一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうら・う〔さうらふ〕【候ふ】
[動ハ四]そうろう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

候ふ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

候ふの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation