@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

候文【そうろうぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

候文
そうろうぶん
主として手紙に用いられた文語文の一文体。「」を「あり」の代りに,また補助動詞として用いる。「候」は平安~鎌倉時代話し言葉で用いられ,その頃は私的な文書にしか書かれなかったが,近代になって話し言葉から消えるにつれて公的な文書にも用いられるようになった。元来は漢字だけで書かれた変体漢文であったが,のちに助詞などは,かなで書くようにもなった。現在では一般にはほとんど用いられない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうろう‐ぶん〔さうらふ‐〕【候文】
文末に丁寧語の「」を使う文語体文章書簡公用文に用いられた。鎌倉時代に始まり、江戸時代にその書き方が定まった。現代でも手紙文に用いられることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

候文
そうろうぶん

おもに手紙で用いられた、文語体の文。現代「あります」と書く部分に「候」を用いるところに特徴がある。平安時代の語法を基にした文語文法に基づく文語体に、おりおり漢文体を交えた文体。第二次世界大戦終了以前までは、公的な文書をはじめ、いわゆる知識層の間での手紙文として広く用いられたが、1946年(昭和21)に公用文が口語体に改められ、私的な場面でも廃れてゆき、現在はほとんど用いられない。「候」は、動詞「さぶらふ」から転じた語で、謙譲の意を表す語から、ていねいの意を表す語に変化した語。平安時代は多く「侍(はべ)り」が用いられていたが、徐々に「候」の用いられる場合が増えてゆき、平安時代末期からはむしろ「候」が優勢となる。室町時代の初期に、手紙文の作法書『庭訓往来(ていきんおうらい)』が書かれ、以後のこの種の書物の模範となった。本書は、「候」を用いた文例が大幅に取り入れられたことから、「候文」は以後の手紙文の主流となった。「候」は本来、謙譲の意を示す語であったから、「候文」も目上相手に書かれるのが主であったが、使用範囲も広がり、目下の者への手紙にも用いられた。江戸時代の公文書に使われた場合もあり、その習慣が第二次大戦終了まで続いたのである。

[山口明穂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうろう‐ぶん さうらふ‥【候文】
〘名〙 丁寧語の「候」を使って書く文章。手紙などで使う文語文。
※明六雑誌‐一号(1874)洋字を以て国語を書するの論〈西周〉「且王朝の古官府亦漢語を用ふ故其文化局して海内に布くを得ず、遂に変じて候(サフロウ)文となり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

候文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

候文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation