@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

値遇【チグ】

デジタル大辞泉

ち‐ぐ【値遇】
縁あってめぐりあうこと。特に、仏縁あるものにめぐりあうこと。ちぐう。
「大慈大悲の薩埵(さった)に―し奉らば」〈太平記・二〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐ぐう【値遇】
[名](スル)
値遇(ちぐ)」に同じ。
「大唐の玄奘法師に―し奉り」〈中島敦・悟浄出世〉
知遇(ちぐう)」に同じ。
「―を得た君臣の間に」〈鴎外阿部一族

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ち‐ぐ【値遇】
〘名〙 (「ぐ」は「遇」の正音、「ぐう」は慣用音)
① 仏語。前世の宿縁によって現世にであうこと。また、仏縁あるものにであうこと。ちぐう。
※観智院本三宝絵(984)下「在々所々常に三宝に値遇したてまつる」
※太平記(14C後)二〇「仏前仏後の導師、大慈大悲の薩埵に値遇(チグ)し奉らば」 〔法華経‐化城喩品〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐ぐう【値遇】
〘名〙
① (━する) =ちぐ(値遇)
※譬喩尽(1786)二「値遇(チグウ) 仏書有縁用語」
② (━する) 出会うこと。めぐりあうこと。遭遇。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)一二月六日「土民或含梟悪之意、値遇謀叛之輩候」 〔爾雅注‐釈言〕
③ (━する) 親しくすること。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「あれに値遇した者までもとらゆるぞ」
※光悦本謡曲・経政(1488頃)「ましてや多年の御ちぐう、恵みをふかくかけまくも」
※阿部一族(1913)〈森鴎外〉「値遇(チグウ)を得た君臣の間に黙契があって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

値遇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

値遇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation