@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

倩・熟【つらつら】

精選版 日本国語大辞典

つら‐つら【倩・熟】
〘副〙 (「と」を伴って用いることもある。古くは「に」を伴うこともあった) 物ごとを念を入れてするさまを表わす語。つくづく。よくよく。念入りに。
(イ) じっと見つめるさま。熟視するさま。
※万葉(8C後)一・五四「巨勢(こせ)山のつらつら椿都良々々(ツラツラ)に見つつしのはな巨勢の春野を」
(ロ) 物事を深く考えるさま。熟考するさま。
※霊異記(810‐824)下「伝燈の良匠にあらずして、強ひて訂(ツラツラ)この事をかへりみる」
(ハ) 深く嘆き、また反省するさま。
※今昔(1120頃か)二六「つらつらと歎き居たり」
(ニ) よく寝入るさま。ぐっすり。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「男も草臥て、つらつら寝入ければ」
[補注](1)(イ)の「万葉集」の例は「連連(つらつら)」の意とする説もある(万葉集略解・万葉集古義・大言海など)。
(2)中世には、記録資料をはじめ、「平家物語」など記録体の影響を受けた文学作品に、「倩」の表記が見られる。この字は漢籍では美しく笑うさま、あるいは、男子の美称であり、この「つらつら」との結び付きの由来はわからない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倩・熟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倩・熟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation