@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

倭文神社【しどりじんじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

倭文神社
しどりじんじゃ
鳥取県湯梨浜町東郷にある神社。「しずりじんじゃ」とも称す。祭神はタケハツチノミコトほか6柱。『延喜式』では国幣小社に列していた。 1915年に,僧京尊が康和5 (1103) 年につくった境内経塚から同年ののある銅製経筒が発見され,それによると伯耆一宮であることが記されており,平安後期には一宮とされていたことがわかる。以来,領主のあつい敬を受けた。経塚は史跡出土品は経筒のほかに金銅観音立像,銅造千手観音立像,銅板線刻弥勒立像そのほか多数あり,一括して国宝

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しずり‐じんじゃ〔しづり‐〕【倭文神社】
鳥取県東伯郡湯梨浜(ゆりはま)町にある神社。祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと)ほか六神。織物安産の神。伯耆(ほうき)一の宮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

倭文神社
△鳥取県東伯郡湯梨浜町▽にある神社。「しずりじんじゃ」また「しとりじんじゃ」と読む。創祀は不明。祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと)、下照姫命(したてるひめのみこと)など。伯耆国一之宮。安産の神として信仰を集める。名称は同地の主産業が倭文織(しずおり)と呼ばれる織物業であったことから。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しどりじんじゃ【倭文神社】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

倭文神社
しどりじんじゃ
鳥取県東伯(とうはく)郡湯梨浜(ゆりはま)町宮内(みやうち)に鎮座。伯耆(ほうき)国一宮(いちのみや)。旧国幣小社。祭神は主神の建葉槌命(たけはつちのみこと)と相殿(あいどの)神下照姫命(したてるひめのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、建御名方命(たけみなかたのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、天稚彦命(あめのわかひこのみこと)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀(まつ)る。社名の「倭文」は「しずおり」の転訛(てんか)で、織物の名。古くこの地方で織物が発達していたため、冠せられたものと思われる(祭神の建葉槌命は倭文部(べ)の祖)。神階は856年(斉衡3)従(じゅ)五位上、940年(天慶3)正三位(さんみ)を授けられる。境内から出土した「康和(こうわ)五年」(1103)銘の銅経筒の願文によれば、平安後期には一宮として伯耆国の崇敬を集めていたようである。境内の経塚は国指定史跡(伯耆一宮経塚)。社宝は経塚出土品(国宝)で、前記の銅経筒のほか、奈良時代の制作と思われる金銅観音菩薩立像(ぼさつりゅうぞう)、銅板線刻弥勒(みろく)立像などを含む(東京国立博物館出陳)。例祭日5月1日。[阪本是丸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

倭文神社
(鳥取県東伯郡湯梨浜町)
鳥取県民の建物百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

倭文神社
(岩手県遠野市土淵町土渕18-174)
遠野遺産」指定の地域遺産。
五日市館主・橘家の守護として、文殊菩薩を勧請したのが始まりとされる。「お文殊さま」と呼ばれ、例祭には学童たちが習字を奉納して筆写の上達を祈願している

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しずり‐じんじゃ しづり‥【倭文神社】
(「しどりじんじゃ」とも)
[一] 鳥取県東伯郡湯梨浜(ゆりはま)町にある神社。旧国幣小社。祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと)、下照姫命(したてるひめのみこと)、建御名方命(たけみなかたのみこと)ほか四柱。織物・安産の守護神として崇敬される。伯耆国一の宮。経塚出土品は国宝。
[二] 鳥取県倉吉市志津にある神社。旧県社。祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)、武葉槌神、下照姫神ほか。伯耆国三の宮。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しとり‐じんじゃ【倭文神社】
鳥取県東伯郡湯梨浜(ゆりはま)町にある神社。旧国幣小社。祭神は建葉槌命(たけはつちのみこと)、下照姫命(したてるひめのみこと)、建御名方命(たけみなかたのみこと)など。伯耆国一の宮。しずりじんじゃ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倭文神社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倭文神社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation