@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【わ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



Wo; Woe
委とも書く。中国,朝鮮で日本のことを呼んだ古称。文献上では代の『山海経』の海内北経に「倭はに属す」とあるのが初見。確実なものとしては1世紀後半頃班固が撰した『漢書地理志に「楽浪海中倭人あり,分れて百余国をなす…」とある記事である。朝鮮でもすでに高句麗広開土王碑にみえる。聖徳太子以降,日本人がみずから日本と称するまでは,倭の五王倭国王自称したことでも明らかなように,日本人自身も中国と通交する場合は倭と称していた。中国で日本と称するようになったのは唐代以降である。倭の語源については諸あり,定説はない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わ【×倭/和】
日本人の住む国。古代、中国から日本を呼んだ名。
(和)日本のものであること。日本的であること。「の技術」「に親しむ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わ【倭】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ワ(呉)(漢) []やまと
中国側から日本を呼んだ称。「倭寇(わこう)倭国倭人
[名のり]かず・しず・まさ・やす
[難読]倭文(しず)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わ【倭】
7世紀以前の日本の呼び名。中国人が付けた名であるが,対外関係では7世紀後半まで自称として使われていた。日本語の一人称代名詞〈わ〉(吾)によるとする説が古くから唱えられている。最近は身長,体型など人種的特徴によるとする説もある。後漢に成立した《説文解字》に〈倭は順(しなやか)なる(すがた)なり。人に従いの声〉とある。転じてが丸く曲がって低い人を指すといわれる。なお倭はもと委と書いたと説くのは《経典釈文》の誤解

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


wiと発音された可能性がある。本来的には7世紀以前の中国・朝鮮での日本に対する呼称であるが、冊封(さくほう)体制内で自称国号としても援用された。倭の字は委とも表記される場合がある。意味は一人称の吾(わ)、従順な人、などの見解があるが不明。倭に関する史料上の初見は中国の地理書『山海経(せんがいきょう)』(戦国~秦(しん)・漢時代成立)の「倭は燕(えん)に属す」、雑家書『論衡(ろんこう)』(90成立)の断片的記事であるが、実態はわかっていない。『漢書(かんじょ)』地理志には「楽浪海中に倭人あり、分かれて百余国」、『後漢書』東夷(とうい)伝には「使駅漢に通じる者、三十国許(ばかり)」「建武中元二年、倭の奴国(なこく)奉貢朝賀」などとみえ、中国王朝下の冊封体制において倭の「国」々が統合されている過程がうかがえる。『三国志』魏書倭人条を根拠に、近年、朝鮮南部も倭とする見解が出されているが、「倭人は、帯方(たいほう)東南大海中に在り、山島に依(よ)りて国邑(こくゆう)を為(な)す」などを細かに検討すれば、倭は九州・四国・中国地方を中心とする西日本と考えるのが妥当である。4世紀末の高句麗(こうくり)好太王碑文、5世紀の『宋書(そうじょ)』倭国伝の倭は大和(やまと)王権と考えるのが一般的である。倭はやがて「ヤマト」と訓じられ、大和を示す語となった。7世紀後半以降、わが国の称号は日本となるが、倭と日本の関係について『旧唐書(くとうじょ)』は、「日本国は倭国の別種なり、其(そ)の国日辺に在るを以(も)って名となす。或(あるい)は曰(い)う。倭国自ら其の名の雅ならざるを悪(にく)み、改めて日本と為す。或は云(い)う。日本は旧小国、倭国の地を併す」と論じている。

[関 和彦]

『鈴木靖民著『古代国家史研究の歩み』(1980・新人物往来社)』『関和彦×『邪馬台国論』(1983・校倉書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


中国・朝鮮の史書や金石文に記された日本および日本人の古称
中国と通交するときは,日本の天皇自身もみずから倭国王と称した(倭の五王)。『漢書』地理志に「楽浪海中に倭人あり,分かれて百余国を為す」とあり,また朝鮮の高句麗 (こうくり) の広開土王の碑文にも倭の字が見られる。倭の存在は,前漢の武帝が朝鮮に楽浪郡など4郡を設置して以来,中国に知られたらしい。「日本」を使ったのは聖徳太子以降で,中国では『唐書』に「倭国は日本国の別称」と記されている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


古代,中国・朝鮮で日本のことを呼んだ名称
『漢書』地理志・『後漢書東夷伝・『魏志倭人伝・『宋書』倭国伝などに前1世紀ころから7世紀ころまで,この名称で日本のことが記録されている。「日本」の始用は推古朝や天朝などの説がある。日本人のことは倭人と称した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation