@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

偏心輪【へんしんわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

偏心輪
へんしんわ
eccentric
回転運動を往復運動に変え,またはその逆を行う装置偏心,偏心外輪,偏心棒から成り,偏心内輪は偏心外輪に抱込まれながら自由に回転し,それ自体の中心と,回転の中心が異なるため,偏心棒に往復運動を与える。蒸気機関の弁装置,往復ポンプ,偏心プレスなどに使用される。現場用語で「えきせん」という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へんしんりん【偏心輪 eccentric】
エキセントリックともいう。中心からある距離eだけ離れた点に回転軸をつけた円板。距離eを偏心距離という。図に示したように,偏心輪にすべり得る輪をはめ,その輪に連節棒をとりつけたものは,往復運動と回転運動を相互に変換するのに用いられる。これは機構学的にはクランク機構と同じで,クランク機構の場合は距離eが大きく,偏心輪の場合は距離eが小さいだけの相違である。偏心輪はストロークが小さい往復運動が要求される場合に利用されるが,そのほか偏心輪カムとしての使用もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

偏心輪
へんしんりん
円板または円輪で円の中心点以外に回転中心のあるもの。外側に外輪をはめ、それに連結棒を取り付け、偏心輪を回転させると、連結棒は往復運動をする。構造が簡単なので、回転運動を往復運動に変える機械部品として利用範囲は広い。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へんしん‐りん【偏心輪】
〘名〙 往復運動と回転運動を相互に変換する装置。蒸気機関の蒸気の入口弁の開閉や家庭用ミシンの針の上下運動などに利用。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偏心輪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

偏心輪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation