@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

偏旁冠脚【ヘンボウカンキャク】

デジタル大辞泉

へん‐ぼう‐かん‐きゃく〔‐バウクワン‐〕【偏×旁冠脚】
漢字の旁(つくり)冠(かんむり)脚(あし)漢字の4種の構成部分の併称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐ぼう‐かん‐きゃく ‥バウクヮン‥【偏旁冠脚】
〘名〙 漢字の構成上の各部分を位置関係から名づけた名称。偏は左右構成の左部、旁はその右部、冠は上下構成の上部、脚はその下部。右の四種のほか「構(かまえ)」「繞(にょう)」などがあり、これらを含めての総称としても用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

偏旁冠脚
漢字を構成する部分であるへんつくりかんむりあしのこと。

[解説] 右の四種のほかかまえにょうなどをも含めた総称としても用います。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偏旁冠脚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

偏旁冠脚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation