@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

側刻作用【そっこくさよう】

世界大百科事典 第2版

そっこくさよう【側刻作用】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

側刻作用
そっこくさよう

河川が両側または片側の沿岸を削る作用。側方侵食または側侵食ともいう。河食作用のうち、壮年期には下刻作用よりも側方を侵食する作用が優勢に働き、谷幅を広げる。とくに蛇行の攻撃斜面を侵食して蛇行帯の幅を広げることによって、谷幅を広げることになる。側刻作用のために広い氾濫(はんらん)原が生成したり、また岩盤を削るため広い侵食段丘(岩石段丘)をつくることもある。

[市川正巳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

側刻作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

側刻作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation