@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

偽装【ぎそう】

知恵蔵

偽装
毎年末に京都・清水寺で発表される「2007年の漢字」に「偽」が選ばれるなど、2007年は食品偽装問題が相次いだ年だった。ちなみに「偽」は、投票総数9万816票のうち1万6550票を集め、2位の「食」の7倍近い数字であった。 07年1月に洋菓子の不二家埼玉工場で消費期限切れの牛乳を使ってシュークリームを製造していたことが内部告発され、洋菓子の販売中止に追い込まれた。8月に北海道の人気土産品「白い恋人」(石屋製菓製造)で賞味期限改ざんが発覚し、こちらも販売を中止した。 また10月に、同じ北海道の食肉加工販売会社ミートホープが、長年にわたって、鶏肉や内臓などを混入した牛ミンチを製造したり、外国産を国産と偽るなどの不正を続けており、それが田中社長自らの指示によるということで、不正競争防止法違反(虚偽表示)で逮捕された。さらに、偽装問題は歴史ある老舗にも及んでおり、10月に伊勢名物の「赤福」で消費期限改ざんが発覚した。余分に製造した商品や売れ残りの商品を冷凍保存し、解凍して出荷する際に、その出荷日を製造年月日にするという「まき直し」が偽装表示と見なされ、販売中止となった。また、10月末に有名料亭「吉兆」グループの「船場吉兆」(大阪、福岡)で、商品の原材料である九州産牛肉を「三田牛」や「但馬牛」というブランド牛と偽るなどの食品表示偽装問題が発覚し、営業を自粛し、経営陣を一部改変した。いずれも、企業のコンプライアンス(法令順守)の精神が問われた事件であった。
(稲増龍夫 法政大学教授 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ぎ‐そう〔‐サウ〕【偽装/擬装】
[名](スル)
ある事実をおおい隠すために、他の物事・状況をよそおうこと。「心中に―した殺人」「―工作」
周囲のものと似た色や形にして姿を見分けにくくすること。特に、戦場などで行うもの。カムフラージュ。「戦車を―する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎそう【偽装】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

偽装」の用語解説はコトバンクが提供しています。

偽装の関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルアリソン フェリックスマーリーン オッティカースティ コベントリーカースティ コベントリーマイケル フェルプス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation