@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

傀儡子【くぐつ】

世界大百科事典 第2版

くぐつ【傀儡子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

傀儡子
かいらいし

人形遣いの古称。傀儡師とも表記される。和訓で「くぐつ」「くぐつまわし」といい、この語源には、人形などの道具を入れて歩く久具(くぐ)という植物を編んだ籠(かご)とか、唐代語のkulutsなど外来語説などがある。古くは、曲芸や人形を操る芸などを生業とした古代日本の漂泊民をいった。すでに奈良時代にはこれらの人々がいたと推定されるが、10世紀中ごろの『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』に「久々豆(くぐつ)」の語がみえ、そのすこしあとの『散楽策問(さんがくさくもん)』には9世紀ごろに藤醜人(とうしゅうじん)が中国の傀儡を習って宮中で演じたと記されている。しかし、彼らについての詳細が明らかになるのは平安中期以降で、『本朝無題詩(むだいし)』『枕草子(まくらのそうし)』『傀儡子記』などの文献にみえ、男は弓馬を使って狩猟し、刀玉のような曲芸をし、幻術をし、人形を操り、女は唱歌淫楽(いんらく)の遊女を業とした漂泊の民であった。平安末期になって、『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』にみるように「てくぐつ」の語が出てくるが、手で直接人形を持って操る人形遣い、またはその人形戯をさし、傀儡子の語は狭義に使われるようになった。室町時代の文献には「てくぐつ」の用例が多い。中世末から近世初頭にかけて、摂津西宮(にしのみや)(兵庫県)の戎(えびす)神社を根拠とする集団が勢力をもち、「えびすかき」(夷舁)と称して各地を回ったが、これが浄瑠璃(じょうるり)と結び付いて人形浄瑠璃が発生していった。また一方において大道芸化し、首に人形箱をつるし、その箱の上で人形を操って門付(かどづけ)して歩く首かけ人形芝居が盛行した。江戸時代にはこれが傀儡子(師)芸と目され、幕末まで続いた。「首かけ芝居」「木偶(でく)まわし」「山猫まわし」などともいわれ、その特異な風体は清元の歌舞伎(かぶき)舞踊にいまもみられる。

[西角井正大]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいらい‐し クヮイライ‥【傀儡子】
〘名〙 人形。あやつり人形。転じて、他人にあやつられて、その考えのとおりに動く人。傀儡。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

傀儡子
くぐつ
平安時代に人形を使い刀剣芸なども行った旅芸人
のち神社にも所属中世,摂津西宮えびす社の神輿舁 (しんよかつぎ) が栄え阿波淡路 (あやつり) 人形に影響を与え,浄瑠璃人形芝居原型となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

傀儡子
くぐつ
傀儡師」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傀儡子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

傀儡子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation