@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

傀儡師・傀儡子【くぐつし】

大辞林 第三版

くぐつし【傀儡師・傀儡子】
傀儡くぐつに同じ。かいらいし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいらい‐し クヮイライ‥【傀儡師・傀儡子】
〘名〙
① 人形つかい。古くから存在した一種の放浪生活者で、曲芸、歌舞を業とした。特に、江戸時代、首に人形箱をつるし、その箱の上で人形をあやつって門(かど)付けをして歩く乞食芸人をいう。傀儡。くぐつまわし。《季・新年》
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・傀儡子〈中原広俊〉「傀儡子徒無礼儀。其中多女被人知」 〔顔氏家訓‐書証〕
② ①の風俗などを取り入れた歌舞伎舞踊。河東節、長唄、清元節などにある。
③ かげで人をあやつって思いのままに行動させる者。
※三日幻境(1892)〈北村透谷〉下「政治界の傀儡子(カイライシ)となり畢ることもなく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傀儡師・傀儡子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

傀儡師・傀儡子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation