@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

傍系【ぼうけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

傍系
ぼうけい
collateral line
自己と同一の始祖から分れた別の系統をいい,直系に対して用いられる。傍系に属する血族傍系血族で,共同父母から分れた兄弟姉妹,甥姪,共同の祖父母から分れた伯叔父母 (おじおば) ,従兄弟姉妹 (いとこ) などがそれにあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼう‐けい〔バウ‐〕【傍系】
親族関係で、直系に対して、共同の始祖を通じてつながる系統。⇔直系
直系から分かれ出た系統。「傍系の販売会社」⇔直系
主流からはずれている系統のもの。「傍系の作家」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐けい バウ‥【傍系】
〘名〙 直系から分かれて出た枝葉の系統。特に、同一の祖先から分かれて出た親族の系統。また、その分野で、主流からはずれた存在であること。〔仏和法律字彙(1886)〕
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六下「北村季晴氏が翁の正系だと思はれてゐるが氏は翁の傍系(バウケイ)であって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

傍系
ぼうけい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傍系」の用語解説はコトバンクが提供しています。

傍系の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation