@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

備中和紙

デジタル大辞泉プラス

備中和紙
岡山県倉敷市水江で生産される和紙原料ミツマタなど。書道用紙民芸紙などに用いられる。ガンピを原料とする「備中鳥子(びっちゅうとりのこ)」が有名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

備中和紙[紙工芸・和紙]
びっちゅうわし
中国地方、岡山県の地域ブランド。
倉敷市で製作されている。昔から備中町(現・高梁市)の清川内地区では清川内紙と呼ばれる和紙づくりがおこなわれていた。ところが、1963(昭和38)年着工の新成羽川ダム建設により、和紙づくりを家業としていた丹下家は立ち退きを余儀なくされた。1964(昭和39)年、倉敷民芸館の初代館長・外村吉之介の招きを受け丹下家は倉敷移住。その頃に備中和紙と命名された。昭和40年代からは書家のために料紙の研究を始め、現在では書家に高く評価される料紙がつくられている。岡山県郷土伝統的工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備中和紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

備中和紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation