@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

備中紙【びっちゅうがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

備中紙
びっちゅうがみ
備中国 (岡山県) に産した和紙。室町時代末期に周防 (すおう) の柳井から高梁 (たかはし) に移った紙工柳井家が,江戸時代の末まで,宮中や将軍家御用の檀紙 (だんし) をすいた。またこれに似た引合 (ひきあわせ) 紙,杉原紙などの武士階級の愛用紙や越前の五箇ですかれた奉書や懐中紙,七九寸 (しちくすん) なども備中でつくられた。明治期に入って生産は急速に衰退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

備中紙
びっちゅうがみ

備中国(岡山県)で漉(す)かれた和紙。備中と略すこともある。備中国が古くから和紙の名産地であったことは、京都の相国寺(しょうこくじ)に伝わる日記『鹿苑日録(ろくおんにちろく)』の永禄(えいろく)9年(1566)5月7日の条に、「備中は紙の名所なり」とあることでもわかる。室町時代後期に、上房(じょうぼう)郡広瀬(高梁(たかはし)市広瀬)の柳井勘左衛門が朝廷や幕府の御用紙(ごようし)を漉く特権を与えられてからのち、明治時代に入るまでの間、長く檀紙(だんし)を生産し、柳井家を中心として漉かれた備中檀紙の名は広く知られていた。またこの地方では、そのほかにも公家(くげ)や社寺の荘園(しょうえん)でそれぞれ紙を漉き上納していたことが文献にみられ、1777年(安永6)刊の木村青竹(せいちく)編『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』には、備中産の紙として檀紙類のほかに、奉書、杉原、三折、半紙、ちり紙などをあげている。

[町田誠之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びっちゅう‐がみ【備中紙】
〘名〙 備中国で産出する紙。備中。
※宗五大草紙(1528)折紙調候様の事「公方様へは常々公家門跡、大名衆は備中紙小高檀紙を一重二に折て御用候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備中紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

備中紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation