@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

備蓄【びちく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

備蓄
びちく
stockpile
緊急時における供給途絶や供給不足にそなえてエネルギー,食糧原材料などをたくわえておくこと。しかし緊急時にそなえての国家による本来の戦略備 strategic stockpileと通常の民間部門ランニング・ストックを含めての大幅な価格変動や供給不足にそなえての経済的備蓄 economic stockpileや緩衝在庫とを区別する必要もあろう。特に石油国際エネルギー計画に基づく 90日分の備蓄義務があり,日本はこれを 1979年度末までに達成した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

び‐ちく【備蓄】
[名](スル)将来や万一の場合にそなえてたくわえておくこと。また、そのたくわえ。「食糧を備蓄する」「石油を備蓄する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びちく【備蓄】
1970年代に入って世界は1973年と79年の2度の石油危機を経験した。この過程で,IEA(国際エネルギー機関)が1974年に設立され,その重要な政策の一つとして〈石油の90日備蓄〉が提唱された。これは,前年輸入量の90日に相当する石油をIEA各参加国が平時において備蓄するというもので,石油の供給途絶のような緊急時における重要な対応策の一つとみなされている。IEAで規定された緊急時とは,IEA参加国全体で基準消費量(過去1年間の平均消費量)の7%以上の石油供給削減があった場合と規定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びちく【備蓄】
スル
万一の場合や将来の使用にそなえ、たくわえておくこと。また、そうしてたくわえたもの。 石油を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

び‐ちく【備蓄】
〘名〙
① 展覧などにそなえ、品物を集めておくこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「日本の物品を、此館に備蓄せるは、皆精美の品にて」
② 万一のためにそなえて財物などをたくわえること。また、そのたくわえ。備荒貯蓄。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉六「彼等の為には即ち是が彼の凶荒備蓄(ビチク)的の物ならむかと想像せしめたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備蓄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

備蓄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation