@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

債券【さいけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

債券
さいけん
bond; debenture
国,地方公共団体,法人,その他に対する債権を表示する有価証券の総称。発行者の国籍によって内 (国) 債 (→公債 ) と外債に分れ,また発行者の主体別によって,国債地方債公社債,公団債,公庫債,特殊法人債,金融債事業債などに分類される。債券には実際に証券を発行するものと,登録簿に登録されるだけの登録債とがあり,大口引受けの場合などは後者が圧倒的に多く,登録債も法律上有価証券とみなされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐けん【債券】
国・地方公共団体独立行政法人事業会社などが、資金を調達する際に、元本の返済や利子の支払いなどの条件を明確にして発行する有価証券。購入者は、利子を定期的に受け取ることができ、期日まで保有すれば額面金額の償還が保証されている。国債地方債社債など。→外債
[補説]債券は償還を待たずに市場で売買できるため、投資の対象となる。債券の市場価格は、金融情勢を反映した市場金利の変化に応じて変動し、一般に金利が下落する局面で上がり、金利が上昇する局面で下がる。逆の見方をすれば、債券を購入する投資家が多い局面では債券の市場価格が上がって金利が下落し、債券が売られる局面では債券の市場価格が下がって金利が上昇する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

債券

国や地方公共団体、事業会社などが必要な資金を借り入れるために発行する有価証券のこと。額面に対して利息がつき、満期になると元本が満額償還される。

出典:(社)投資信託協会

外国為替用語集

債券
国や企業が、不特定多数の人から巨額の資金を借りるときに出す借用証書。小口の金額に分けて複数枚発行することで、不特定多数の人から巨額の借入れを行うことができる。発行者は購入者からお金を借りている状態、購入者は発行者にお金を貸している状態。発行者が調達した資金は長期間に渡り利息としてクーポンの支払いだけ行えばよいので、企業の設備投資などの長期資金調達に適している。購入者は債券を他人に譲渡することができ、譲渡することによって期限前に現金化できる。

出典:(株)マネーパートナーズ

世界大百科事典 第2版

さいけん【債券】
公衆に対する起債によって生じた,多数の部分に分割された債務(債権)を表章する有価証券。投機証券である株券に対し,債券は確定利付の利殖証券である。狭義では,株式会社が社債について発行する社債券をいうが,広義では,発行主体のいかんを問わず用いられ,国債,地方債,金庫債,公社債,公団債などを含む。発行主体による分類のほか,担保の有無により,担保付社債無担保社債,債券上の権利者の表示の有無により,記名債券無記名債券(日本では,実際上すべて無記名債券である),募集地域の内外により,内債外債(外貨表示の外債を外貨債という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいけん【債券】
国や地方公共団体、金融機関や企業などが資金調達のために発行する有価証券。ボンド。 → 国債地方債社債金融債

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

債券
さいけん
国、地方公共団体、政府関係機関、企業等が不特定多数の投資家から資金を借りる際に発行する有価証券のこと。発行体により、国債、地方債、社債などに分類される。日本の個人向け国債のような例外を除き、投資家は転売し換金することが可能である。
 債券の発行は、古くは中世のヨーロッパにさかのぼるといわれる。日本国政府による初の債券発行は、1870年(明治3)にロンドンで募集した外貨建公債で、国内での発行は1872年が最初である。国内初の社債は大阪鉄道会社によるもので、1890年であった。
 債券を金利との関係で分類すれば、利付債と割引債に区分できる。利付債は、一定期間ごとに金利が発生する債券で、割引債は金利分を額面価額から割り引いて発行、つまり金利分を先取りする形になっている。新発債と既発債(あるいは新発債券と既発債券)という区分も重要である。発行体が新たに資金調達するために発行する債券を新発債といい、それを取引する市場を発行市場とよぶ。一方、すでに発行されている債券を既発債とよび、取引する市場を流通市場とよぶ。流通市場における債券の売買価格は、金利や満期までの残存期間との関係などで変化する。
 債券の価格は、発行時の金利が償還まで固定される固定金利債の場合、市場の金利が上昇すれば低下し、金利が低下すれば上昇する反比例の関係にある。発行市場における新発債の金利が上昇した場合、流通市場における同一条件の既発債は発行時に約束された金利では相対的に不利になるため、価格が低下する。[浅羽隆史]
『ブルース・タックマン著、四塚利樹・森田洋訳『債券分析の理論と実践』改訂版(2012・東洋経済新報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐けん【債券】
〘名〙
① 手形証文。〔広益熟字典(1874)〕
② 国家、公共団体、銀行、会社などが必要な資金を借り入れる場合に発行する公債、社債などの有価証券。〔仏和法律字彙(1886)〕
[語誌]「名物六帖‐人事箋」「虚債券 ノルテカタ」、「読・英草紙‐四」「債券(オヒメテガタ)」、「滑・浮世風呂‐四」「債券(カキダシ)」など、「債券」の文字は、近世後半から見えるが、明治初期に従来の手形とほぼ同義で「サイケン」と音読みされたと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

債券」の用語解説はコトバンクが提供しています。

債券の関連情報

他サービスで検索

「債券」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation