@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

傷ホルモン【キズホルモン】

デジタル大辞泉

きず‐ホルモン【傷ホルモン】
動植物体にがついたときに、その傷口細胞から分泌され、新しい細胞の生長増殖を促すホルモン性の物質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きずホルモン【傷ホルモン wound hormone】
癒傷ホルモン,傷害ホルモンともいう。植物の場合はトラウマチンtraumatinと同義。traumaは外傷というギリシア語に由来する。元来は,植物または動物体の一群の細胞が破壊されたときに分泌され,他の細胞の分裂や生長を促すと考えられるホルモン性の物質をいった。 植物では1892年にウィーズナーJ.Wiesnerがこのようなホルモンがあることを想定したが,実験的な証拠を示したのは1921年以降のハーバーラントG.Haberlandtらによる研究である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きずホルモン【傷ホルモン】
生物体が傷を受けたときに、その部分から分泌され、付近の細胞の生長や増殖を促すホルモン性物質の総称。癒傷ゆしようホルモン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きず‐ホルモン【傷ホルモン】
〘名〙 (ホルモンはHormon) 生物の組織が傷を受けたとき、傷口の細胞から分泌されるホルモン性物質の総称。傷を回復するために他の細胞の生長、増殖を促すとされる。植物に多くみられる。傷害ホルモン。ネクロホルモン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傷ホルモン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

傷ホルモンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation