@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

傾城色三味線【けいせいいろじゃみせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

傾城色三味線
けいせいいろじゃみせん
浮世草子江島其磧作。5巻5冊。元禄 14 (1701) 年刊八文字屋本の第1作。5巻を京,大坂江戸の各巻に分け,各巻頭に遊女名寄 (なよせ) ,揚屋茶屋などを細見 (さいけん) 風に掲げ,以下に各土地の話を数編ずつ並べている。客と遊女との駆引きを描いたこれらの短編は,いずれも井原西鶴の『好色一代男』『好色二代男』『好色盛衰記』『西鶴置土産』などの焼直しであり,新味はないが,大衆的な味わいが人気を呼び,以後遊里生活を主題とした「三味線物」と呼ばれる浮世草子を次々に生むことになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいせいいろじゃみせん【傾城色三味線】
浮世草子。5巻。江島其磧(えじまきせき)作。元禄14年(1701)八文字屋刊。遊里と遊女を描いた24話を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けいせいいろじゃみせん【傾城色三味線】
浮世草子。江島其磧作。1701年、八文字屋刊。京・江戸・大坂・鄙ひな・湊みなとの五巻から成り、各巻巻頭に島原・吉原・新町などの遊女の名寄せを掲げ、遊興の種々相を描く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

傾城色三味線
けいせいいろじゃみせん
江島其磧(きせき)の浮世草子。1701年(元禄14)八文字屋八左衛門刊。5巻24話。其磧浮世草子の処女作。5巻を京、大坂、江戸、鄙(ひな)、湊(みなと)に分け、遊興の種々相を叙す。作者はこれより先、1699年(元禄12)に役者評判記『役者口三味線』を書いており、本書の横本仕立、巻頭に遊女名寄(なよせ)を出すなどは、この体裁を浮世草子に転用したもので、加うるに「好色」に対し「傾城」を冠して、もって新機軸を出したのだった。文章は西鶴(さいかく)に拠(よ)るところが多いが平明、その平明さと構成の妙が当時の読者の求めに合致し、新機軸と相まって、大好評を博した。この後「傾城」「三味線」を付する作品が続出、其磧自身も浮世草子界を主導した。[江本 裕]
『『日本名著全集9 浮世草子集』(1928・同書刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいせいいろじゃみせん【傾城色三味線】
浮世草子。五冊。江島其磧作。元祿一四年(一七〇一)刊。遊里、遊女を主題とする短編二四話を収める。京、大坂、江戸、鄙(ひな)、湊の各巻に分かれ、各巻頭に遊女の惣名寄等を掲げ、遊里を背景とした好色生活を描く。西鶴の影響が濃く模倣・剽窃も目立つが、元祿末の浮世草子界に新風を吹きこんだものとして注目される。「八文字屋本」浮世草子の最初の作品。色三味線。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傾城色三味線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

傾城色三味線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation