@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

僧叡【そうえい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

僧叡
そうえい
Seng-rui
[生]太元3(378)
[没]元嘉21(444)
中国,東晋時代の。魏郡長楽の人。鳩摩羅什門下四哲の一人。 18歳で出家し,羅什が中国に来朝したときにその教えを受け,訳経に参加した。羅什訳出の『大智度』『十二門論』『中論』『百論』などの述している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

僧叡 そうえい
1762-1826 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦12年生まれ。浄土真宗安芸(あき)(広島県)の本願寺派報専坊の慧雲にまなぶ。行信(ぎょうしん)論にあたらしい見解をしめす。おおくの弟子をそだて,石泉学派のとなった。文政8年学階制がつくられたときの5人の司教のひとり。文政9年3月4日死去。65歳。安芸出身。号は石泉,鷹城。著作に「教行信証随聞記」「柴門(さいもん)玄話」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

僧叡
そうえい

生没年不詳。中国、東晋(とうしん)時代の学僧。魏(ぎ)郡長楽(河南省安陽)の人。18歳で出家し、僧賢(そうけん)を師とする。諸経論に通じ、24歳のころから各地を歴遊して講説した。名僧道安(どうあん)にも師事したことがあり、鳩摩羅什(くまらじゅう)が長安に至ってからは、その翻訳活動を助け、羅什門下の四哲八俊に数えられる。『小品般若経(しょうぼんはんにゃきょう)』『法華経(ほけきょう)』『智度論(ちどろん)』などの経論に序文を書いた。また後秦(こうしん)王の姚興(ようこう)(在位393~416)に崇敬された。67歳で没した。

[丘山 新 2017年2月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

僧叡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

僧叡の関連情報

関連キーワード

ウァレンスアンミアヌス・マルケリヌスアンミアヌス・マルケリヌスウァレンスアンミアヌス・マルケリヌスウァレンス東京マラソン風疹人工透析人口10万人あたりの医師数

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation