@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

僧肇【そうじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

僧肇
そうじょう
Seng-zhao
[生]寧康2(374).長安
[没]義煕10(414)?
中国,東晋時代の僧。鳩摩羅什に学び,理解第1といわれた。長安で羅什の訳経を助け,著書に『宝蔵論』『肇論』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐じょう〔‐デウ〕【僧肇】
[374~414]中国東晋。長安の人。鳩摩羅什(くまらじゅう)門下で、仏典漢訳を助け、理解第一と称された。「宝蔵論」「肇論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうじょう【僧肇 Sēng zhào】
374‐414
中国,後秦の僧。長安(陝西省)の人。若くして中国古典に通じ,とくに老荘思想を好んだが,《維摩経》を読むに及んで歓喜して仏教に帰依し,出家した。のちクマーラジーバ(鳩摩羅什)に師事して彼の伝えた竜樹の大乗教学を学び,師の訳経事業を助けた。《肇論》および《注維摩》は,老荘思想の深い理解のうえに大乗教学を述べた代表的著作であり,中国仏教史のみならず中国思想史にも多大な影響を与えた。【麦谷 邦夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

僧肇
そうじょう
(374/384―414)

中国、後秦(こうしん)代の僧。京兆(けいちょう)(西安)の人。訳経僧鳩摩羅什(くまらじゅう)門下の四哲の一人。幼少のころから経史など古典に通じ、老・荘を愛好したが、『維摩経(ゆいまぎょう)』をみて歓喜し、ついに出家した。のち姑臧(こぞう)(甘粛省)にあった羅什に師事し、401年(弘始3)師とともに長安に帰り、後秦第2代の皇帝姚興(ようこう)(在位393~416)の命により逍遙(しょうよう)園における羅什の訳業を助けた。404年『大品般若経(だいぼんはんにゃきょう)』が訳出されると、僧肇は『般若無知論』を著し、羅什に呈して賞賛された。廬山(ろざん)の隠士劉遺民(りゅういみん)もそれを読んで感嘆し、質疑書を送り、書簡を交わした。さらに『維摩経注』や『物不遷(もつふせん)論』『不真空論』を著し、羅什訳の諸経論の序文を製するなどし、羅什の多くの弟子のなかでも第一人者として活躍した。師の没後に『涅槃(ねはん)無名論』を撰(せん)して姚興に献じた。後世、上記4種の論文は一括されて『肇論(じょうろん)』と題して流布された。

[伊藤隆寿 2017年2月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうじょう ソウデウ【僧肇】
中国、後秦の僧。京兆(西安)の人。はじめ老荘を学び、後に出家して大小乗を学んだ。鳩摩羅什(くまらじゅう)に師事してその訳業を助けた。著書に「般若無知論」以下四編に「宗本義」を冠してまとめられた「肇論(じょうろん)」のほか、「注維摩詰経」「百論序」などがある。(三七四頃‐四一四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

僧肇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

僧肇の関連情報

関連キーワード

清実録館林市立資料館エワゴラスアンブロシウス修道院ミラノ愛知県の要覧だいち2号タイの政情混乱大阪市営地下鉄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation