@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ヒガ】

デジタル大辞泉

ひが【×僻】
正常でないこと。妥当でないこと。まともでないこと。多く、名詞の上に付いて、複合語の形で用いられる。「心」「事」「目」
「阿波の客が―起こして」〈浄・阿波の鳴門
(「非我」とも書く)遊里などで、無粋なこと。また、その者。やぼ。
「あの柳助といふ―は」〈洒・色深猍睡夢〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき【僻】[漢字項目]
[音]ヘキ(漢) [訓]ひがむ
本筋からずれて、正しくない。一方に偏する。「僻見僻説僻論
場所が中央から離れている。「僻遠僻陬(へきすう)僻村僻地
[難読]僻耳(ひがみみ)僻目(ひがめ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いせ【僻】
〘名〙 似て非であること。まやかし。えせ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひが【僻】
[1] 〘語素〙 人、または人間の部分の名称や行為、状態などに関係のある名詞の上に付けて、正当でないこと、妥当でないことを表わす。「ひが事」「ひが耳」「ひが者」「ひが覚え」など。また、動詞「ひがむ」、形容詞「ひがひがし」などを作る。
[2] 〘名〙
① (形動) 正当でないさま、かたよったさま、変わっているさまなどをいう。
※史記抄(1477)一一「西僻とは西のはてのをかしいひがな処ぞ」
② かんしゃくなど正常でない心のたかぶり。
※浄瑠璃・傾城阿波の鳴門(1768)六「阿波の客が僻起こして」
③ (「非我」とも書く) ばか者。特に遊里で、やぼな客、侍客など。
※談義本・つれづれ睟か川(1783)一「金持自慢する客は非我の随一なり」
④ 男色での若衆のこと。
※洒落本・男倡新宗玄々経(1751‐64頃)「若衆をヒガ、ヒガといふは大古の言にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがみ【僻】
〘名〙 (動詞「ひがむ(僻)」の連用形の名詞化)
① ひがむこと。素直に見ないで、疑い曲解すること。また、その見解。
※源氏(1001‐14頃)賢木「いとど、老いの御ひがみさへ添ひ給に」
※集義和書(1676頃)二「老親うちうなづきて得心しぬ。それより後、僻(ヒガミ)もやみ、いかり腹だつ事なし」
② ゆがみ曲がっていること。
※俳諧・父の終焉日記(1801)五月八日「他の一寸のゆがみはとがめて、おのれが一尺のひがみはみゑず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき‐・する【僻】
〘自サ変〙 へき・す 〘自サ変〙
① かたよる。偏する。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「心を寛にして一方に僻すること勿るべし」
② ひがむ。ひねくれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき‐・す【僻】
〘自サ変〙 ⇒へきする(僻)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

僻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation