@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ギ】

デジタル大辞泉

ぎ【儀】
[名]
儀式。礼式。「婚礼の
事柄。こと。「そのならば論に及ばない」
[接尾]人代名詞、人名、あるいはそれらの側の物を表す名詞に付いて、…こと、…に関して、の意を表す。多く、通知・通達などの文書の類に用いられる。「私この度一身上の都合により…」
「陳れば本校―も御承知の通り」〈漱石吾輩は猫である

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ【儀】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢)
きちんと整えた人の姿・形。「威儀容儀
形の整った作法。「儀式儀礼行儀辞儀祝儀盛儀葬儀風儀流儀礼儀
見習うべき手本。模範。「儀表
かたどったもの。模型。また、科学実験器械。「渾天儀(こんてんぎ)測距儀地球儀
その件に関すること。事柄。「公儀仕儀難儀別儀余儀
[名のり]きたる・ただし・のり・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぎ【儀】
[1]
儀式。典礼。 結婚の- 大葬の-
ことがら。こと。形式名詞的な用法。 その-ばかりはお許しください 唯今参る事余の-にあらず/謡曲・仲光
接尾
人名や人代名詞などに付いて、「…こと」「…に関しては」の意を表す。手紙文や通知・通達の文書などで用いる。 私-、この度恩師夫妻の媒酌により… その方ほう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎ【儀】
[1] 〘名〙
① 作法に従った進退。礼式。儀式。
※勝鬘経義疏(611)十大受章「律者類也。儀者容儀」
※梵舜本沙石集(1283)九「釈子の風に背き、出家の儀をかく」
② かたち。姿。
※霊異記(810‐824)上「儀を図し常に礼し、其の役輟(や)まず」
③ (形式名詞的な用法) こと。事柄。わけ。由(よし)
※平松家本平家(13C前)一「何条其儀あるべき。但義王が有るを憚るか。其儀ならば義王をこそ出ださめと宣へば」
[2] 〘接尾〙 自分、または自分の側を示す名詞に付いて「こと」「…に関して」の意を表わす。候文や、届け書の類で用いられることが多く、謙譲の意を添える。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Padre コトワ または Padre gui(ギ)ワ」
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)上「私義は、銀座にながなが使はれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

儀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation