@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

儒学【ジュガク】

デジタル大辞泉

じゅ‐がく【儒学】
中国古代の儒家思想を基本にした学問孔子の唱えた倫理政治規範を体系化し、四書五経経典を備え、長く中国の学問の中心となった。自己の倫理的修養による人格育成から最高道徳「」への到達を目ざし、また、礼楽刑政を講じて経国済民の道を説く。のち、朱子学陽明学として展開。日本には4、5世紀ごろに「論語」が伝来したと伝えられ、日本文化に多大の影響を与えた。儒教

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

儒学
 中国の孔子[こうし]のとなえた学問です。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅがく【儒学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

儒学
じゅがく

儒教における学問・教学の意で、儒教の語に比べると狭義であるが、実際には儒教と同義に用いることが多い。もともと儒教は、庶民に対する教えというよりも、士大夫(したいふ)が「己(おのれ)を修めて人を治める」ための学問とされていたことから、むしろ儒学と称することがふさわしかったのである。したがって広義でいえば、「先王の道を奉じてその言行を伝える五経を学習し、孔子(こうし)(孔丘)を祖と仰いでそのことばを重んじ、五常(仁義礼智信)の徳を養い、五倫の道(父子の親、君臣の義、長幼の序、夫婦の別、朋友(ほうゆう)の信)を守るべきことを主たる内容とする学」の意となり、これを儒教と置き換えても通ずるものとなる。しかしこれを狭義に解すれば、紀元前100年ごろ(前漢(ぜんかん))に始まる五経の注釈学(経学)と、1000年(宋(そう)代)以後に発達した新儒教(朱子学、陽明学)における哲学的思弁とがこれにあたる。すなわち経学とは、難解な五経の本文に対する高度に専門的な研究であり、新儒教は、四書を中心として儒教倫理を体系的に把握する試みである。

[楠山春樹]

日本の儒学

日本の儒学史は中国儒学の影響により、(1)古代国家の時代、(2)封建制度の時代、(3)明治以降、の3期に大きく時代区分される。

[石田一良]

古代国家の儒学

『日本書紀』は仁徳(にんとく)天皇の代に百済(くだら)から博士王仁(わに)が『論語』をもって渡来したと伝えている。継体(けいたい)天皇以後、百済から五経(ごきょう)博士が交代で派遣されているから、五経(『易経』『詩経』『書経』『礼記(らいき)』『春秋』)が日本の朝廷でも講ぜられたであろう。聖徳太子ころの貴族への儒学的教養の普及は、冠位十二階の名称や十七条憲法の条文によって察することができる。

 大化改新後は大宝(たいほう)・養老令(ようろうりょう)によって中央の大学に明経道(みょうぎょうどう)(儒学専攻学部)が設けられ、唐代の注疏(ちゅうそ)に拠(よ)り『周易』『尚書』『周礼(しゅらい)』『儀礼(ぎらい)』『毛詩(もうし)』『左伝(さでん)』と『論語』『孝経』が日本人の博士によって講ぜられた。奈良時代や平安初期の詔勅や国史の序文には儒教の政治道徳が強く現れている。しかし、平安末期から鎌倉時代には博士は清原(きよはら)・菅原(すがわら)2家の世襲となり、明経の学は家学となって矮小(わいしょう)化されていった。

[石田一良]

封建制度下の儒学

鎌倉時代の末に『大学』『中庸』『論語』『孟子(もうし)』の四書を中心とする朱子学に造詣(ぞうけい)のある中国の禅僧が次々に渡来して、関東武家の道徳的要求にこたえた。一方、京都では玄恵法印(げんえほういん)が花園(はなぞの)・後醍醐(ごだいご)天皇の宮廷で朱子学を説いた。室町時代に入ると、夢窓(むそう)(疎石(そせき))や義堂(ぎどう)(周信(しゅうしん))は禅僧が儒学にふけることを禁じたが、俗人には奨励し、義堂は足利(あしかが)将軍義満(よしみつ)に四書を講じた。岐陽(きよう)(方秀(ほうしゅう))は禅と儒の不二を唱えて禅の枠内に朱子学を受容して陽明(ようめい)学風の儒説を禅寺のなかで講じている。岐陽門の桂庵(けいあん)(玄樹(げんじゅ))は薩摩(さつま)の島津氏に仕えて薩南学派を開き、南村梅軒(ばいけん)は土佐で南学を開いて長宗我部(ちょうそがべ)氏に影響を与えた。こうした禅儒(ぜんじゅ)は領国内に政治的・社会的新秩序の樹立を図る戦国大名に歓迎せられた。一方、朝廷でも、時流に応じて摂政(せっしょう)一条兼良(いちじょうかねら)や博士清原宣賢(きよはらののぶかた)は古注に新注を加えた儒説を説いている。

 五山の儒学に中国の林兆恩(りんちょうおん)の儒説を加えた禅僧藤原惺窩(せいか)は、還俗(げんぞく)して専門の儒学者となった。林羅山(らざん)はこの惺窩につき、清原の学にも触れたが、中年以降は純粋の朱子学者になって、大名の注文に応じて朱子の高弟陳北渓(ちんほくけい)の性理字義の諺解(げんかい)をつくっている。羅山は徳川幕府に仕えて学校(後の昌平黌(しょうへいこう))を建て(初め忍ヶ岡(しのぶがおか)、のちに湯島に移す)、孫の鳳岡(ほうこう)以後は歴代大学頭(だいがくのかみ)に任じて儒学教育を担当した。朱子学派には松永尺五(せきご)、山崎闇斎(あんさい)、貝原益軒(えきけん)、室鳩巣(むろきゅうそう)、新井白石(はくせき)や寛政(かんせい)の三博士などが出た。

 この朱子学派に抗して、古代儒学(周孔(しゅうこう)ないしは孔孟(こうもう)の学)の復興を企てて、寛文(かんぶん)(1661~73)のころ山鹿素行(やまがそこう)が聖学を、元禄(げんろく)(1688~1704)のころ伊藤仁斎(じんさい)が古義学を唱えた。享保(きょうほう)(1716~36)のころに荻生徂徠(おぎゅうそらい)は孔孟以前の儒学を唱えて古文辞学(こぶんじがく)をおこした。これら古学派は一時は朱子学派を圧倒したが、寛政(1789~1801)のころ老中松平定信(さだのぶ)が昌平黌においては朱子学を正学とし、その他の異学を講ずることを禁じて以来、しだいに衰えていった。

 朱子学に対峙(たいじ)する陽明学は、幕初に中江藤樹(とうじゅ)、熊沢蕃山(ばんざん)、その後は断続的に学者を出したが、安定した封建制度のもとでは、政治の欠陥を攻撃する学風は、とかく当局に忌み嫌われて振るわなかった。一方、江戸時代の中末期に、時代の風潮、中国の儒風の実証的傾向を受けて、折衷学、考証学が流行し、細井平洲(へいしゅう)、亀田鵬斎(ほうさい)や太田錦城(きんじょう)、松崎慊堂(こうどう)が出た。

 諸藩も学校を設け、全国で250余校を数えた。水戸の弘道館(こうどうかん)、名古屋の明倫堂(めいりんどう)などが名高い。民間に開かれた私塾には尺五の講習堂、仁斎の古義堂、徂徠の蘐園塾(けんえんじゅく)、広瀬淡窓(たんそう)の咸宜園(かんぎえん)などがあり、町人には大坂に懐徳堂、京都に心学明倫社などが開かれ、儒学は広く封建道徳の涵養(かんよう)、国民教養の向上に役だったのである。

[石田一良]

明治以降の儒学

明治時代に入って儒学は文明開化、旧物破壊運動によって衰退したが、10年代に元田永孚(もとだながざね)らが復活に努め、20年代には国粋保存の運動によって東京大学などで東洋哲学として、西洋哲学研究の方法によって(学問として学問的に)講究されることになった。一方、復活した儒教道徳は、第二次世界大戦の終わりまで、小・中学校の修身教育に取り入れられて、家族国家のイデオロギーとしての役割を果たしていったのである。

[石田一良]

『芳賀幸四郎著『中世禅林の学問および文学に関する研究』(1981・思文閣)』『大江文城著『本邦儒学史論攷』(1944・全国書房)』『笠井治助著『近世藩校の総合的研究』(1960・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅ‐がく【儒学】
〘名〙 中国、孔子を首唱者とする伝統的な学問。堯・舜から周王にいたる聖天子を理想とし、仁と礼を根本概念として、修身にはじまって治国平天下にいたる実践を中心課題とする。「易経」「書経」などのいわゆる経書がその重要な経典である。日本にも四世紀に「論語」が渡来して以降、政治、思想理念に大きな影響を与えた。
※菅家文草(900頃)二・博士難「吾家非左将、儒学代帰耕」 〔史記‐五宗世家〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

儒学
じゅがく
中国の孔子に始まる政治・倫理思想の体系
春秋時代末期,孔子が古典にもとづいて「道」をとき,人間性の向上を求めたことに始まり,彼の編集による経書が成立した。戦国時代には,孟子が孔子の説を発展させて王道をとき,性善説を展開した。また,荀子は礼を社会的に解釈し,人間の欲望を認めて性悪を説き,社会と個人の矛盾を統一することに孔子のいう仁(統一的人格の自覚)の意義を見出している。秦の始皇帝は焚書・坑を行い儒学を弾圧したが,漢の武帝は,董仲舒 (とうちゆうじよ) の意見をいれて人民を教化の対象と考え,そのために儒学を国教とした。後漢 (ごかん) では,経書の注釈が鄭玄 (じようげん) らによって盛んになり,易の要素を加えて訓詁 (くんこ) 学が唐代まで栄えた。宋以後は,新興の士大夫(読書人)によって儒学の新局面が開かれた。宋学がこれで,思弁的・合理主義的な特色を示し,北宋の周敦頤 (しゆうとんい) ・張載・程顥 (ていこう) ・程頤 (ていい) をへて南宋の朱熹(朱子)によって格物致知と窮理を説き,封建教学として完成された。このほか陸象山は,心を重んじて心即理を説いた。朱子による四書五経の注釈は明では官学とされ,民間では実践上の解明が盛んになった。王陽明は内面的な自我意識を強調し,理を事物に求めることは誤りであると説いた。明末清初には,亡国の体験から,政治に有用な学問が強調されたが,清朝では政治評論の統制が強く,そのため経書の原典研究からはいる考証学が発達して,高度の学問的成果を示した。19世紀以後は,西欧思想に対処するため公羊 (くよう) 学が発達し,孔孟の改革思想から世界平和に至る構想が康有為 (こうゆうい) によって唱えられた。辛亥革命後の中国では,孔子の階級性を批判することによって儒学の伝統的・権威的教説からの解放が強調された。中華人民共和国でも文化大革命以後の林彪 (りんぴよう) 批判とともに批林批孔が推進されて,中国革命の原点の再確認が行われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

儒学
じゅがく
中国の孔子によって主張された政治道徳思想を儒教といい,その後継者によって実践倫理と政治哲学が加えられ,教学として体系化されたものを儒学という
両者を混用することも多い。根本経典は孔子の編纂と伝えられる『詩経』『書経』『礼記』『春秋』『易経』の五経と,『大学』『中庸』『論語』『孟子』の四書で,時代とともに訓詁学・朱子学・陽明学・考証学などが成立した。日本には4〜5世紀ころ伝来し,聖徳太子の政治思想や律令制にも影響がみられる。律令制下の大学・国学では経書の講究を主とする明経 (みようぎよう) 道が栄えたが,歴史・詩文を学ぶ紀伝道の台頭により後退。鎌倉時代に朱子学が伝来し,室町時代には五山や足利学校などで学ばれた。戦国時代,禅僧の地方下向により薩摩に薩南学派,土佐に海南学派(南学)が芽生えた。儒学は江戸時代に入ると最盛期を迎え,特に朱子学は官学の地位を与えられた。朱子学の学統では京学から木下順庵・室鳩巣 (むろきゆうそう) ・三浦梅園,南学から山崎闇斎が出た。そのほか,陽明学派には中江藤樹,古学派では伊藤仁斎・荻生徂徠 (おぎゆうそらい) らが出て,学問の展開がみられた。儒教道徳は封建教学として四民の生活全般にわたり根深く浸透した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

儒学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

儒学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation