@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

優婆塞【うばそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

優婆塞
うばそく
サンスクリット語 upāsakaの音写。仏教用語。在家の男の仏教信者のこと。清信士,近善男と訳する。 (→四衆 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うばそく【優婆塞】
《〈〉upāsakaの音写》男性の在家仏教信者。清信士(しょうしんじ)。近事男(ごんじなん)。⇔優婆夷(うばい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うばそく【優婆塞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うばそく【優婆塞】
三帰・五戒を受けて正式の仏教信者となった男子。また、在家のままで仏道修行にはげむ人。近事男ごんじなん。 ⇔ 優婆夷うばい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うばそく【優婆塞】
〘名〙 (upāsaka の音訳。奉侍する人の意) 仏語。
① 七衆の一人。三宝(さんぼう)に帰依して五戒を受けた男子。漢訳して「清信士(しょうしんじ)」「近事男(ごんじなん)」ともいう。⇔優婆夷(うばい)
※続日本紀‐天平三年(731)八月癸未「詔曰。比年随逐行基法師。優婆塞優婆夷等。如法修行者」 〔釈氏要覧‐上〕
② 在家のままで、仏道修行にはげんでいる人。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「うばそくが行ふ山の椎(しひ)がもと」
[語誌]修行者に奉仕する在俗の信者をいうところから、正式に出家得度しないで修道の生活を行なう人に及ぼしていう。「源氏物語」の橋姫の巻は「優婆塞」と呼ばれ、作中の宇治八宮が「俗聖(ぞくひじり)」として、「うはそくながら行ふ山の深き心」と、山に籠って修行する僧と対比されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

優婆塞
うばそく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

優婆塞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

優婆塞の関連情報

関連キーワード

アルメン ゴデール優婆塞・優婆夷華厳経サカ信士・信女ミーマーンサー学派音韻交替長音符五分律

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation