@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

元勲【ゲンクン】

デジタル大辞泉

げん‐くん【元勲】
国家に尽くした大きな功績。また、その功績のある人。特に、明治維新に大功のあった西郷隆盛木戸孝允(きどたかよし)・大久保利通、明治政府の中枢となった伊藤博文・山県有朋らをいう。→元老

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんくん【元勲】
明治時代に国家の最高政策の決定や首相選任にあたった薩長両藩出身の指導的政治家。本来は明治維新ならびにそれ以後の明治国家形成に指導的役割を果たした大久保利通,木戸孝允,西郷隆盛や三条実美,岩倉具視などの公卿を指したが,が一定の制度的地位をえたのは,1889年黒田清隆が首相を辞任し,あいついで伊藤博文が枢密院議長を辞任するにあたって〈元勲優遇の〉が出されてからである。91年山県有朋,98年松方正義がそれぞれ首相を辞任するにあたり同様の優詔をうけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんくん【元勲】
国家に尽くして大きな手柄を立てた人。特に、明治維新の際大きな勲功のあった西郷隆盛・木戸孝允・大久保利通ら。
国家に対する偉大な功績。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

元勲
げんくん
明治維新に大きな勲功のあった人をいう。当初西郷隆盛(たかもり)、木戸孝允(たかよし)、大久保利通(としみち)らをさし、彼らの死後は伊藤博文(ひろぶみ)、黒田清隆(きよたか)、山県有朋(やまがたありとも)、井上馨(かおる)、大山巌(いわお)らも呼称された。1892年(明治25)成立の第二次伊藤内閣は、この5人に後藤象二郎(しょうじろう)も加え元勲総出の内閣といわれた。法令上「元勲」の語は1888年4月の枢密院官制の上諭や翌年11月黒田、伊藤に対する「元勲優遇」の詔(みことのり)にみえるが、このころから有力な元勲は「元老」として機能し始めた。[阿部恒久]
『春畝公追頌会編・刊『伊藤博文伝 中巻』(1940)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐くん【元勲】
〘名〙 国家に尽くした大きな勲功。また、その勲功のある人。元功。特に日本では、明治維新に大きな勲功のあった西郷隆盛、木戸孝允、大久保利通らをいう。
※蕉堅藁(1403)岳王墳「四将元勲俄寂々、両宮帰夢謾悠々」 〔魏武帝‐請封荀彧為万歳亭侯表〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元勲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元勲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation