@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

元帳【もとちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

元帳
もとちょう
ledger
取引は簿記上,仕訳を経て勘定口座 (簿記計算の単位) に記録されるが,元帳はこの勘定口座を全部集成したもので,本来の簿記計算に直接関係のない仕訳帳や日記帳などに対応する会計帳簿の中心的存在である。元帳には企業のすべての財産資本増減勘定科目に分解されて日々記入されるので,元帳を見れば企業の財産の状態,営業成績を概観することができ,また決算日など特定時点で締切れば貸借対照表損益計算書などの財務諸表の作成が可能である。したがって元帳は簿記計算のうえで仕訳帳による原始記録から決算財務諸表という企業活動の結論を導き出すための不可欠のものといえる。しかし経営規模の拡大や取引の増大に伴う会計処理業務の複雑化から,会計帳簿分化,再編が必要とされてきたため,元帳も個々の勘定口座に内訳を設けた多桁式のものや,本社関係の総勘定元帳と工場関係の工場元帳に分離されるなど次第に変化してきている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もと‐ちょう〔‐チヤウ〕【元帳】
簿記で、すべての勘定口座を設け、取引を仕訳帳から転記して各勘定別に記録・計算する帳簿。総勘定元帳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

元帳
経理で用いる帳簿のことで、試算表を作ったり決算をしたりするための元になる台帳のこと。最も基本となる総勘定元帳では、勘定科目ごとに、取引の発生順にその増減と残高を記載していく。また、勘定科目をさらに分解した補助科目ごとに分けて取引を記載するものを補助元帳という。例えば、「普通預金」という勘定科目を口座ごとの補助科目単位で記載する場合がこれにあたる。 得意先元帳や仕入先元帳は販売管理事務として処理されることが多い。しかしこれも、例えば得意先元帳であれば、売掛金という勘定科目を得意先という補助科目単位の帳簿とし、売上(増加)、入金減少)、売掛残(残高)を記載することから、売掛金の補助元帳に位置づけられる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もとちょう【元帳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

元帳
もとちょう
ledger

企業会計の主要な帳簿の一つで、すべての勘定口座が開設されているものである。複式簿記では、まず日々の取引(会計上の記録を必要とする事象)を日付順に借方科目と貸方科目を設定して整理する。そのような記録をした帳簿を仕訳帳というが、この仕訳帳の記録は、次の段階において借方と貸方の別に各勘定へ転記される。その勘定あるいは勘定口座のすべてを収納して、勘定別の発生記録やその残高が確認できる帳簿を元帳あるいは総勘定元帳という。仕訳帳と元帳は2大主要簿といわれる。

 古くは、簿記における仕訳帳から元帳への転記は手作業でなされており、この作業での誤記入とその修正が重い業務となっていたが、コンピュータの普及した現代において転記は自動的に進行し、その種の誤謬(ごびゅう)はなくなったといってよい。

 総勘定元帳のうち取引の多いものあるいは内容の詳細を記入する必要があるものについては、当該勘定口座の内訳明細を記帳する補助元帳を活用することがある。たとえば売掛金勘定に対しての得意先元帳、買掛金勘定に対しての仕入先元帳などが知られている。補助元帳を利用する場合には、総勘定元帳への記録は、一定期間をまとめた合計での記帳に簡略化することが可能になる。

 元帳は、企業会計の目的である財務諸表を作成するための基礎的で網羅的な記録が保持されている帳簿であるから、これを基にして、簿外で試算表や精算表が作成されながら、最終的には財務諸表としての貸借対照表や損益計算書が作成される。決算によって1会計期間(通常は1年)の会計データの確定が終われば、元帳の各勘定は締め切られ、資産、負債、純資産(資本)の残高は、次の会計期間に繰り越される。これら一連の過程は簿記一巡の手続とか決算手続といわれる。

[東海幹夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もと‐ちょう ‥チャウ【元帳】
〘名〙
① 江戸時代、収支の基礎となる原簿、または収納台帳をいう。
※地方凡例録(1794)七「上納の度々当番の手代請取の役処元帳と通ひにしるし、金銀に添元帳手代へさし出せば」
② 会計帳簿の主要なもの。勘定科目ごとに口座を設け、それぞれの増減・変化を記録・計算する。
※会社弁(1871)〈福地桜痴〉諸会社取建の手続大要「当日其所に於て会社の元帳を開くへし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元帳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation