@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

元日【がんじつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

元日
がんじつ
1948年に制定された国民祝日の一つ。1月1日。元旦ともいう。この日午前0時より人々は氏神初詣でを行い,一年の無事を祝う。宮中では四方拝が行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐じつ〔グワン‐〕【元日】
1年の最初の日。1月1日。国民の祝日の一で、年のはじめを祝う日。 新年》「―や上々吉の浅黄空/一茶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん‐にち〔グワン‐〕【元日】
がんじつ(元日)」に同じ。
「―の奏賀の声、甚だ殊勝にして」〈徒然・一三二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

元日
古来より1年の最初の日である1月1日「元日」は、全てのものにを与えてくれる"歳神〔としがみ〕様"をおまつりするための特別な行事が行われていました。1948年に「年のはじめを祝う日」として法律で国民の祝日と制定されました。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

がんじつ【元日】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がんじつ【元日】
一年の最初の日。一月一日。国民の祝日で、年のはじめを祝う。 [季] 新年。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がんにち【元日】
呉音
がんじつ。正月一日。 -、なほおなじとまりなり/土左

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

元日
がんじつ
1月1日のこと。正月三が日を元三(がんさんにち)とよぶが、その初日をさす。元日の朝のことを、とくに元旦(がんたん)、歳朝(さいちょう)、大旦(おおあした)などとよぶ。年の始まりの縁起を担いで特別なよび方をする。元正(げんしょう)天皇の霊亀(れいき)2年(716)以来、宮中では文武百官を招き元日節会(がんにちのせちえ)が行われたが、1872年(明治5)より晴御膳(はれごぜん)の儀だけを残し、招待宴を「新年宴会」の名のもとに1月5日に変えた。一般人にとっても歳神(としがみ)が来臨するのが正月だから、家々には元日をいろいろ儀礼化して演出する習俗がある。現在でも初詣(はつもう)でをしたり、晴れ着で屠蘇(とそ)や雑煮で祝うが、昔は元日のかまどの火のたきつけが、だいじな行事であった。ただし忌中の者は元日を祝わない。[深作光貞]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐じつ グヮン‥【元日】
〘名〙 (「がん」は呉音、「じつ」は漢音)
① 一年の最初の日。一月一日。がんにち。元旦。元三(がんざん)。三元。三始。三つの始め。鶏日。《季・新年》
※雲形本狂言・麻生(室町末‐近世初)「但又明日は元日(グヮンジツ)なれば」
※俳諧・春の日(1686)「元日の木の間の競馬足ゆるし〈重五〉」 〔書経‐舜典〕
② (中国の周の時代に一一月を正月としたところから) 一一月一日。江戸時代、芝居の顔見世の初日にあたる。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「とっても朔日(ついたち)今日元日」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん‐にち グヮン‥【元日】
〘名〙 (「がん」は「元」の、「にち」は「日」のともに呉音) =がんじつ(元日)
※土左(935頃)承平五年一月元日「元日、なほ同じ泊(とま)りなり」
※高野本平家(13C前)四「元日(グンニチ)元三の間、参入する人もなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元日の関連情報

関連キーワード

新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation