@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

元末四大家【げんまつしたいか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

元末四大家
げんまつしたいか
Yuan-mo-si-da-jia
中国,元末に活躍した文人画家の4人の大家で,黄公望倪 瓚 (げいさん) ,呉鎮王蒙のこと。元の四大家の内容は編者により多少異なるため,明の何良俊 (かりょうしゅん) の所論に従い,時代を限って通常,元末四大家と呼ぶ。元時代の特色である市民文化の発展を背景として,多くは在野画家 (王蒙を除く) として絵画活動を行なった。4人の画風はそれぞれ異なり様式,描写形式の包括範囲は広く,明,清以降の南宗画,文人画の典型となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんまつしたいか【元末四大家 Yuán mò sì dà jiā】
中国,元末から明初にかけて活躍した黄公望,呉鎮,倪瓚(げいさん),王蒙の4人の文人画家。ともに董源,巨然を学び元初の趙孟頫(ちようもうふ)などの復古主義の成果をふまえ,おのおのが強い個性を反映して独自の山水画様式を樹立した。後世に対する影響は実に大きく,特に明の沈周,文徴明を中心とする呉派の成立の基盤となっている。明末の董其昌以降,四大家の名が定まると文人画家の典型として非常に重んじられた。【湊 信幸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

元末四大家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元末四大家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation