@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

元禄の大火【げんろくのたいか】

世界大百科事典 第2版

げんろくのたいか【元禄の大火】
1697(元禄10),98,1703年の江戸の大火。元禄時代には大火,小火が頻発したが,江戸の人口増加による人口密集が大きな原因だった。1697年10月17日昼,大塚の善心寺から出火,西風(のち北西風)にあおられ小日向(こびなた),築土(つくど),牛込,飯田町,麴町,番町,代官町を焼き,類焼した旗本屋敷363という大火に始まる。翌年9月6日未明には,新橋南鍋町から出火,強い南風のため遠く北方の千住まで延焼,大名屋敷83,旗本屋敷225,寺院232,町屋1万8703戸,326町を焼いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

元禄の大火」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元禄の大火の関連情報

関連キーワード

井原西鶴元禄市川団十郎宝永鶴沢探山桃林堂蝶麿虎屋永閑小糸佐七物碁盤人形吉田半兵衛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation