@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

元禄袖【ゲンロクソデ】

デジタル大辞泉

げんろく‐そで【元×禄袖】
着物の袖型名称元禄小袖丸袖を取り入れ、袖丈が短くてたもとの丸みの大きい。また、その袖のついた、女物の普段着や子供用の着物など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんろくそで【元禄袖】
着物の袖形の一。丈が短く袂たもとの丸みの大きな袖。女物の普段着、幼女の着物などに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

元禄袖
げんろくそで
女物、女児用の和服の袖の一種。日露戦争(1904~05)のあと、元禄復興の機運がおこり、元禄時代(1688~1704)の華やかな風俗が日常生活のなかにも取り入れられ、そのころに流行した袖に、この名がつけられた。袖丈は35~45センチメートルと軽快で、たもとの丸みの大きさは老若によって加減するが、8~15センチメートルぐらいにする。近世初期に武家、町人など男女の日常着としての長着に多く使われ、江戸後期まで続いた丸袖のことである。男物では人形(にんぎょう)付きの角袖に小さな丸み、女物では長袖が一般的になってからは、子供用、女物普段着用となっている。[岡野和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元禄袖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元禄袖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation