@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先入先出法【さきいれさきだしほう】

デジタル大辞泉

さきいれさきだし‐ほう〔‐ハフ〕【先入先出法】
first-in, first-out method
棚卸資産の評価方法の一。最も古く取得されたものから順次払い出しが行われ、期末棚卸品は最も新しく取得されたものからなるものとみなして価額を算定する方法。買入順法。FIFO(ファイフォ・フィフォ)。→後入(あといれ)先出法1
コンピューターで、データを入力順に処理していく方式。FIFO(ファイフォ・フィフォ)。→後入先出法2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

先入先出法
・先入先出法
・FIFO first-in, first-out
・商品、製品、原材料仕掛品等の棚卸資産の評価、原価計算の方法の1つ。
・先に仕入れた物や製造の時期が古い棚卸資産から順次払い出されたと想定して、棚卸資産の評価や原価計算を行う方法である。
・物価上昇時期において先入先出法を用いると、先に購入している安いものを先に払い出すため、利益が多く計上されることになると同時に、原価の高いものが棚卸資産として残るため期末の評価額も高くなる。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

会計用語キーワード辞典

先入先出法
先に受け入れたものから先に払い出すという仮定により払出単価を計算する方法のことを、先入先出法といいます。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

大辞林 第三版

さきいれさきだしほう【先入先出法】
棚卸資産の評価方法の一。商品は仕入れの早い順に払い出されるものとして、仕入れ金額の期末在庫を計上する方法。買入順法。 → 後入先出法移動平均法
コンピューターにおいて、先に格納したデータを先に取り出す手法。キューとよばれるデータ構造を実現する。 → キュー

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

先入先出法
さきいれさきだしほう
first-in first-out method; Fifo
買入順法などともいわれ,棚卸資産 (材料や商品など) の庫出単価を決定する手法の一つで,後入先出法に対応する。材料や商品は種類,品質が同じでも,仕入時点や仕入先相違によって価額は変動する。市場における相場の騰落がおもな原因であるが,その庫出しの際に在庫品の単価がいくつかに分れた場合にどの単価によって庫出単価を決定するかが問題である。先入先出法は時系列的にみて早く入庫した単価の棚卸資産が早く出庫するという考え方で庫出単価を決める方法である。しかしこれはあくまでも会計上の処理であって,倉庫内における実際の入庫,出庫の物理的順序とは無関係である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さきいれさきだし‐ほう ‥ハフ【先入先出法】
〘名〙 棚卸資産の評価方法の一つ。最初に仕入れたものから順次売り上げられたと仮定して棚卸資産の出庫価格を計算する方法。価格上昇期には架空利益が多く計上されるおそれがある。買入順法。⇔後入先出法

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先入先出法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先入先出法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation