@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先入観【せんにゅうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

先入観
せんにゅうかん
prejudice
実際の体験に先立って,ある特定対象に対してもつ観的価値判断。体験に先立つ歴史的,社会的,宗教的など種々の要素によって形成され,好意的な場合と悪意のある場合とがみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんにゅう‐かん〔センニフクワン〕【先入観】
前もっていだいている固定的な観念。それによって自由な思考が妨げられる場合にいう。先入見先入主。「先入観にとらわれる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんにゅうかん【先入観】
前もってつくられた固定的な観念。それが自由な思考を妨げるときにいう。思い込み。先入主。先入見。 -にとらわれる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

先入観
せんにゅうかん
preconception
特定の事物、事柄、人物などについて、あらかじめ接していた情報や、自分が初めて接触したときにもった知識が、強力に作用し、それらの対象に対して形成される固定的で変化しにくい評価ないし見方をいう。先入観は、極度に好意を抱いているか、反対に極度に嫌悪を抱いている対象と結び付きやすく、一度先入観ができあがってしまうと、これを是正するような情報は頭から受け付けず、反対にこれを肯定するような情報は積極的に集めようとする傾向があり、客観的に正しく是正されにくいものである。人種的偏見などの社会的偏見の多くは、先入観に基づくものが多い。[辻 正三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんにゅう‐かん センニフクヮン【先入観】
〘名〙 最初に知ったことによって形成された固定的な観念・見解。ふつう、それによって自由な思考が妨げられるような場合にいう。先入観念。先入意見。先入見。先入主。
※支倉事件(1927)〈甲賀三郎〉断罪「けれども裁判官が特定の先入観に囚われる事は危険であるので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先入観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先入観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation