@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先生【シーサン】

デジタル大辞泉

シーサン【先生】
《〈中国語〉》中国で、一般に男子を呼ぶときの敬称。上海方言の発音による。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐じょう〔‐ジヤウ〕【先生】
師。せんせい。
「荊軻(けいか)又田光―といふ兵(つはもの)を語らふ」〈平家・五〉
東宮坊(とうぐうぼう)帯刀(たちはき)の舎人(とねり)の長。
「三郎―義憲、左衛門尉頼賢」〈保元・上〉
ぜんしょう(前生)」に同じ。
「―の事を知りたく覚えて大師に祈念する」〈沙石集・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐せい【先生】
4が原義》
学問や技術・芸能を教える人。特に、学校の教師。また、自分が教えを受けている人。師。師匠。「国語の先生」「ピアノの先生
教師・師匠・医師・代議士など学識のある人や指導的立場にある人を敬っていう語。呼びかけるときなどに代名詞的に、また人名に付けて敬称としても用いる。「先生がたにお集まりいただく」「先生、お元気ですか」「鈴木先生
親しみやからかいの意を含めて他人をよぶこと。
「ははあ―今日は宅(うち)に居るな」〈漱石・彼岸過迄〉
自分より先に生まれた人。年長者。
「年の賀も祝はれず、―にはあるまじきことなり」〈鶉衣・戯八亀〉
[補説]作品名別項。→せんせい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せんせい[曲名]
歌謡曲。歌手、森昌子のデビュー曲。昭和47年(1972)発表。阿久悠作詞、遠藤実作曲。第14回日本レコード大賞新人賞、第3回日本歌謡大賞放送音楽新人賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんせい【先生】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

シー‐サン【先生】
〘名〙 (中国語の「先生」の上海方言の発音による語) 中国語で、男子一般に対する敬称。さん。…先生。また、他人への呼びかけに用いる。
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉無名氏「若主人の葉氏は、そこの戸口から入ると、『シイサン(先生)』と呼んだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐じょう ‥ジャウ【先生】
〘名〙 (古くは「ぜんしょう」「ぜんじょう」とも)
① 師。せんせい。
※書紀(720)皇極三年正月(岩崎本室町時代訓)「自ら周孔(しうこう)の教を南淵(みなふちの)先生(セムシャウ)の所に学(まな)ぶ」
② 春宮坊の帯刀(たちはき)の長官。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)九月七日「源氏木曾冠者義仲主者、帯刀先生義賢二男也」
※霊異記(810‐824)中「憍慢経に云はく先生に位の上の人、尺迦牟尼仏の頂を履に佩きて踟む人等の罪云々といへり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐せい【先生】
〘名〙
① 先に生まれた人。年長者。
※六代勝事記(1223‐24頃)「ゆゑにいささか先生の徳失をのこし。おのづから後生の宦学をすすめむ事」 〔爾雅‐釈親〕
② 学芸に長じた人。学者。
※菅家文草(900頃)一・寄巨先生乞画図「先生幸許禁闈遊、更恐時光不暫留
※随筆・燕石雑志(1811)二「今の詩歌者流相共に先生と称し、大人と称す」
③ 医師など、その道の専門家、指導的立場の者などを敬っていう語。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉意外「受持医(センセイ)がお帰りになったさうですから」
④ 師として教える人。現代では、特に、教育にたずさわる人、学校教員をいう。また、自分が指導を受けている、あるいは受けた師。教師。師匠。
※譬喩尽(1786)八「先生古より師匠の号とす」
※続々鳩翁道話(1838)一「お医者さまにも成らず、先生にもならず、又御出家にもならず」
⑤ からかうような気持で、他人をあなどっていう語。やっこさん。大将。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「戻駕を語る所が。先生(センセイ)よめねへときてゐるから」
⑥ (代名詞的に、接尾語として) 相手とする師や、教員、医師、議員などを尊敬して呼ぶ語。かなり高い敬意を有するが、江戸時代には、狂歌師、幇間、しっかい屋などの通人、もしくは遊里関係にも用いられた。時に⑤のように、からかい気分で用いることがある。
※談義本・風流志道軒伝(1763)一「浅之進進(すすみ)出て申しけるは、『謹んで先生の教を受(うく)』」
※雑俳・柳多留‐初(1765)「先生と呼んで灰ふき捨させる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation