@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先発6人制【せんぱつろくにんせい】

知恵蔵mini

先発6人制
米野球のメジャーリーグ(MLB)において、レンジャーズのダルビッシュ有投手が提唱した「先発ローテーション投手の数を6人にすべき」という考え方。ヤンキース所属の田中将大投手が右靱帯部分断裂で戦線を離れたことを受け、ダルビッシュ投手は米球宴の公式会見で日本人記者団にこの持論を展開し、MLBで増加している投手の肘の故障対策についての意見を述べた。MLBでは、ローテーションは5人前後で構成されることが一般的で、先発投手の登板間隔は中4日となるが、先発6人制を採用すれば登板間隔中5日となる。この発言を受け、「ニューヨーク・タイムズ」などの米メディアなどが同制度について取り上げた。また、同紙の中で、テキサス・レンジャーズ、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスの監督を歴任し、日本でも千葉ロッテマリーンズの監督を務めたボビー・バレンタイン氏も、ダルビッシュの意見に賛成するコメントを寄せている。
(2014-7-25)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先発6人制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先発6人制の関連情報

関連キーワード

ポスティングシステム新ポスティングシステムジム スモールシティ・フィールドクオリファイング・オファーディオン サンダースロブ マンフレッドワールド・ベースボール・クラシックセシル フィルダーフリオ フランコ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation