@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先端放電【センタンホウデン】

デジタル大辞泉

せんたん‐ほうでん〔‐ハウデン〕【先端放電】
とがった導体表面から出るコロナ放電。まわりの電界がその部分に集中するために生じる。セントエルモの火はこの現象。避雷針に利用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

先端放電
せんたんほうでん
point discharge

地表面に樹木や避雷針などの突起した物体があると、周りの電力線がその先端に集中するため、大気と大地の間を流れる電流もそこに集中する。これを先端放電という。雷雲の接近につれて電場の強さが増し一定の限界を超えると、先端付近で空気の絶縁が部分的に破壊されて先端放電電流は急速に増大し、ついには発光を伴ったコロナ放電となる。セント・エルモの火とよばれるものも、先端放電による現象である。

[三崎方郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんたん‐ほうでん ‥ハウデン【先端放電】
〘名〙 とがった導体の表面から行なわれる放電。導体の表面の電荷はとがった部分に多く集まり、その周囲に強い電界を作るので、そのために生ずる放電をいう。避雷針はこれを利用したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先端放電」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先端放電の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation