@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先行谷【せんこうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

先行谷
せんこうこく
antecedent valley
流路を横切って地盤隆起する場合,隆起の速さが下刻の速さに及ばなければ,その河川はもとの流路を保持して隆起部を貫流し,そこに峡谷をうがつ。このを先行谷,その河川を先行河川という。先行谷は山地を横断する横谷一種天竜川の天竜峡付近,吉野川大歩危 (おおぼけ) ,小歩危,ドイツのマインツ~ボン間のラインの峡谷などの例がある。横谷部には河岸段丘が発達して,その部分の隆起の状態を示すことが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんこう‐こく〔センカウ‐〕【先行谷】
川の流路を横切って地盤が隆起し山地となる場合に、川が山地形成以前の流路を維持しようと下方浸食をくり返すことによりつくられる谷。四国吉野川大歩危(おおぼけ)小歩危(こぼけ)などにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんこうこく【先行谷】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

先行谷
せんこうこく

先行川によってつくられた谷。川の流域を横切って土地が隆起して山地となる場合、土地の隆起の速度より川の下方侵食が大きければ、川は以前の流路を維持して流れる。このように山地の形成以前に流路が決定されていて、現在はその山地を横切って流れる川を先行河川(先行川)といい、先行河川のつくる谷が先行谷である。地盤の隆起速度が川の下刻速度より大きければ、山地の上流側に湖が生じたり、流路を転ずることになる。先行谷を生ずるためには、隆起部の岩石の抵抗性が小さいこと、隆起速度が小さく、流量の多いことが必要である。山地を横切る部分は峡谷をなす。出羽(でわ)丘陵を横切って日本海に注ぐ最上(もがみ)川、赤石山脈を横切る天竜川などが代表例で、東北日本に多い。

[髙山茂美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんこう‐こく センカウ‥【先行谷】
〘名〙 河川流域を含む一帯の地盤隆起により、河川が元の流路を維持しようと、下刻(下方侵食)をくり返すことによって形成された谷。せんこうだに。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先行谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先行谷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation