@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先進7ヵ国財務大臣・中央銀行総裁会議【せんしんななかこくざいむだいじん・ちゅうおうぎんこうそうさいかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

先進7ヵ国財務大臣・中央銀行総裁会議
せんしんななかこくざいむだいじん・ちゅうおうぎんこうそうさいかいぎ
Conference of Ministers of the Group of Seven
アメリカ合衆国,イギリス,イタリア,カナダ,ドイツ,日本,フランスの財務大臣および中央銀行総裁(アメリカは連邦準備制度理事会 FRB議長)による会議。G7と略称され,参加 7ヵ国も G7と呼ばれる。物価の安定と持続的成長のため,マクロ経済政策の国際協調を行なうことを目的とする。1985年にプラザ合意を発表した G5(アメリカ,イギリス,ドイツ,日本,フランス)に,イタリアとカナダから参加要請があり,1986年東京で開催された主要国首脳会議サミット)で G7の創設が合意された。協議の場であるとともに,主要経済指標を活用した経済政策の相互監視も行なわれる(→サーベイランス)。原則として,春秋国際通貨基金 IMF総会の前後およびサミット開催時の,年 3回開催される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先進7ヵ国財務大臣・中央銀行総裁会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先進7ヵ国財務大臣・中央銀行総裁会議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation